読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

40歳からのブログ SWの日常

40歳から始めたソーシャルワーカー備忘録。旅行記・福祉制度・いわゆる雑記。現在、SFC修行中

プラチナデータを読んで

近未来・・・・あってもおかしくないお話だった。

 

 

東野作品は実はまだこれで2冊目。

 

映画化されるとしってあわてて読んだ。

 

 

ストーリーは、近未来?なのか、遠い未来なのか。

 

犯罪捜査にDNAが使われる。

 

そのDNAは今までの操作方法とは異なり、

 

あらかじめ採取された国民のDNAから、犯人を割り出すといったもの。

 

国民から任意で集めたDNAデータをデータベース化し、

 

犯人と思われる人間の残したDNAをデータベースからあらいだし

 

犯人を特定していくという。

 

 

しかし、その完璧に近いシステムの中で、エラーが起こった・・・・。

 

そのエラーのために、主人公が犯人とされ

逃亡者となる。

 

 

という内容だが、何気に、主題はそこではないような気がする。

 

目に見えるもの(データ)を信じるか

 

目に見えないもの(自分の心が決めるもの)を信じるか。

 

最終的にはその択一を読者に求めているようなそうでないような。

 

 

最後は納得いかない・・・という場面があったが

 

それでも

 

 

 

プラチナデータ (幻冬舎文庫)

プラチナデータ (幻冬舎文庫)

 

 

・・・ま、いっか。

 

と思わせるようなシーンで終わった。

 

 

 

ちょっと分厚いけど面白かったです☆

 

次は何を読もうかな?