読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

40歳からのブログ SWの日常

40歳から始めたソーシャルワーカー備忘録。旅行記・福祉制度・いわゆる雑記。現在、SFC修行中

訪問薬剤管理指導

どんどん話がややこしくなってくる在宅クリニックの業務

 

 

わかりやすくのってるサイトがあったので、失礼しました。

 

 ↓

 

http://aozora-clinic.or.jp/pdf/yakkyoku/006.pdf

 

 

居宅の患者様で、処方箋を取りいけない人もいっぱいいます。

 

家族がいればいいけど、独居の人なんてそうです。

寝たきりだから訪問診療だったりするので。

 

そうした場合、

 

訪問薬剤管理指導というのがあり

 

一か月いくらか払うと

 

薬局の人がお薬届けてくれます。

 

簡単にいってしまうとこういうことで私も聞かれないかぎり

 

500円薬届けてくれます。

 

という説明をします。でも、本当はこんなのではダメなんだよね。

 

 

上記サイトの中にわかりやすい図があります。

 

 

介護保険

 

(介護予防)居宅療養管理指導費

 

保険薬局 月4回まで、1回あたり

 

1)在宅での療養を行っている患者

(居住系施設入居者等を除く)

 

500単位 500点

 

2)居住系施設入居者等

 

350単位 350点

 

麻薬加算 100単位 100点

 

医療保険

 

在宅患者訪問薬剤管理指導料

 

月4回まで、1回あたり

 

1)在宅での療養を行っている患者

(同一建物居住者を除く)

 

500単位 500点

 

2)同一建物居住者

 

350単位 350点

 

麻薬加算 100単位 100点

 

 

※4算定する日の間隔は6日以上あけること

※5癌末期及び、中心静脈栄養法の対象患者は、※4の算定間隔が該当せず、1週に2回かつ1月に8回限度として算定できる

 

 

なんて算定のことがかいてありました。

 

介護保険でもはいれるということです。

というより介護保険もってたら、介護保険が優先なので

 

居宅療養管理指導費としてお金を500円いただきます。

介護保険って1割負担だから)

 

そのうち3割にあがりそうな介護保険・・・・。

 

 

まず、おいておいて・・・・。

 

薬局さんは届ければいいのか。

 

 

 

それはないです。

 

指導というくらいだから

 

まず、医師・看護師・ケアマネに報告しないとなりません。

そして、計画書も作らなければなりません。

 

アセスメントは絶対です<してるという話をきかないのはなんでだろう。

 

 

在宅医療における薬剤師業務について

http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r985200000127vk-att/2r9852000001283s.pdf

 

 

ここにやるべきことは書いてあります。

 

 ↑

これは結構面白いので、読んでおくといいような気がします。

ただ、対象は、医事課さんとかになるかも・・・。

 

 

福祉に携わる人みんなが知っておいていい内容だと私は思ってますが。