読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

40歳からのブログ SWの日常

40歳から始めたソーシャルワーカー備忘録。旅行記・福祉制度・いわゆる雑記。現在、SFC修行中

memo 療養型

医療法において、病院の病床は5分類(一般病床・療養病床・精神病床・感染症病床・結核病床)に整備されております。

 

療養病床とは、主として長期にわたり療養を必要とする患者のための病床で、病床面積や談話室の設備が必須であり、又、医師・看護師・介護士の配置人数が定められております。

療養病床には、次の2つがあります。

 

①医療療養型病床:慢性期の状態にあって入院医療を必要とする患者に対するサービスを医療保険で提供する病床

 

②介護療養型病床:要介護認定された患者に対するサービスを介護保険で提供する病床

必要に応じて医療も受けられます。

 

療養病床に対して、主として急性期の入院治療を必要とする患者のための病床が「一般病床」です。