読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

40歳からのブログ SWの日常

40歳から始めたソーシャルワーカー備忘録。旅行記・福祉制度・いわゆる雑記。現在、SFC修行中

難病に罹った時に受けれるサービス

■ 難病患者福祉手当(月1万円)・・・・申請場所(障害者福祉分野障害者福祉事業担当)

1. 申請書

2. 本人名義の口座番号

3. 印鑑

診断書は、難病申請をしているようであれば、そちらから調べるので不要(ただし、手続きをしているかどうか調べる可能性もあるので、難病申請時受け取った申請控えを持参すること)。

※ 所得制限があります。

 

■ 身体障害者手帳・・・・申請場所(障害者等の相談窓口)

1. 申請書

2. 身体障害者診断書・意見書(指定医に記載してもらうこと)

3. 住民票

 

身体障害者手帳の申請が通った場合・・・

■ 特別障害者手当・・・申請場所(障害者等の相談窓口)

1. 診断書(所定の用紙は窓口にあります。

2. 本人名義の口座番号

3. 印鑑

※ 所得制限があります。

 

心身障害者福祉手当、重度心身障害者手当は非該当となります。

 

■ 障害者総合支援法について

手帳申請時にお問い合わせいただくとよいかと思います。ただし、介護保険のサービスが原則優先になります。

 

■ その他、助成について

発病年齢が65歳以上であることから、障害年金(障害基礎年金・障害厚生年金)などの支給は不可。心身障害者助成制度も同様の理由より、不可能。

 

 

 

ざっくり。これが正しいわけではないのですが

65歳までにかかるか、かからないかというのがネックです。