読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

40歳からのブログ SWの日常

40歳から始めたソーシャルワーカー備忘録。旅行記・福祉制度・いわゆる雑記。現在、SFC修行中

休日にすっきり

久しぶりに家にいるとかなりダラダラしてしまう・・・。

ハルさんがいっぱいご飯をつくってくれました。

 

40歳からのブログ

40歳からのブログ

40歳からのブログ

40歳からのブログ

いろいろ自分の適当なアイディアを具現化することが好きなようで、どうせなら

お菓子でもつくってくれはしないかと淡い期待をしてしまう・・・。

おいしかったです

 

最近、SNSでのお付き合いが非常に面倒で、逃げるように避けている現状・・・。

社交的だといわれて多分30年たつ。

でも、実際自分では内向的だと思うし、根暗だと思うし、華やかさというものにかけていると思う。

権力とかお金とかに弱いし、長いものにはきれーにまかれる傾向にある。

だけど・・・やっぱりゆずれない一線というものがあって、

それが今のフェイスブックをはじめとするSNSでの付き合いにストップをかけている。

 

なんとなく最近の傾向・・・。

みんな、自分ならではのコンテンツつくりに必死になっているような気がする。

いえ、いいんです。

コンテンツが先になのであれば。

でも、そうじゃない。

自分をブランド化するために、何かコンテンツを探す。

自分をブランディングするために、何か興味のあるものを探し、あたかも

それを啓発することに命かけてますって跡付けにする人がとっても目立つ。

何かそのコンテンツが福祉関係だと、非常に腹が立ちます。

自分を売り込むために利用してるでしょ。そうでしょ。ぶっちゃけ、

自分の今後の課外活動において、何ができるか考えて、それで自分も共感できて

周りに認められる活動は・・・と考えたでしょ。

まぁそれがきっかけで、今までそういった医療・福祉活動を知らなった人たちが

その分野を知ることができ、きっかけになるので

どんどんやってください。とか思います<この辺りは打算的に。

でもね、私は軽蔑してます。

自分を売り込むためのツールとして、最近叫ばれている世界平和やら福祉やら・・・・

そういうったものを利用してること、それに気づきもしないでワーワー騒ぐ人たち。

NPOだのなんだの、一生懸命、仕事をしてながらも社会のために何かしようと

がんばってる人たち。そのためにいっぱいお金を使ってそのあとの懇親会では

それとは関係ない話をしてたり、親睦を深めてる人たちを

こころのどこかでバカではないかと思ってます。

そんなに社会を憂うのであれば、お見合いでもして結婚して子供つくって

その子供たちを懸命に育て未来を託してみればどうだろう。

結婚したのに、家庭より会社以外の活動をして、根本の土台を忘れていませんか。

本末転倒である。

 

こんなに平和な日本でも、毎日、命が消えていく現実を知ってる人はどれくらいいるんだろう。

ホームレスの人たち以外にそれ以下の生活に苦しむ人たちを彼らはみたことがあるのだろうか。

寄り添う夫婦・・・一人は障害のためひとりでいきれない。もう一人は余命宣告をうけ、病院にはいらないともう命は縮まるばかり。それでも、自分の残された命を相手のためにささげたいと病院に行くことを拒み、1Kの狭い住処、介護ベッドの大きさで寝る場所もなく、台所でいいから愛する人のそばにいたいと望む夫婦がいる。

大きなザルの目にひっかかる不幸をみんなにしってもらい、社会に貢献してると自分たちによう。

それはそれでいいけど、パンケーキだランチだ高級レストランで食事だの

それとこれを同列に扱う人たちを私は結構軽蔑している。

 

いいことですね・・・と言いながら、話を聞きながら、そういう人々に対する不信感でいっぱいです。

 

そんな金があったら募金でもしたらいかがですか?

東北に行くことだけボランティですか? しない人よりマシだとかとんでもないことを

考えていませんか? そもそもボランティアの意味、わかってますか?

起こった悲劇を報道の大きさで測ってはいませんか?

 

自分がオシャレなカフェにいくこと、幸せであることを広告し、それでも福祉についても

がんばってますと言ってはばからない連中をどうしても好きになれません。

私は、私が正しいと思うものを信じる。

 

私は、私の信じる道や信じた人をまっすぐみつめていこうと思いました。