読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

40歳からのブログ SWの日常

40歳から始めたソーシャルワーカー備忘録。旅行記・福祉制度・いわゆる雑記。現在、SFC修行中

本当におっしゃるとおり

今日、本当におっしゃるとおりと共感するブログの記事をみつけた。


10日で辞めた新入社員。会社側の対応にも問題はなかったか - 榊 裕葵氏
 
何故共感したかというと
同じようなことが今日、部署内で起こったからだ。
 
新しく新卒で入った相談員さんが10日間の今日で退職したのだ。組織側としては、社会人としてなっとらん!とご立腹のようだが、
 
そもそも、ちゃんと業務内容を面接時に本人に伝えてなかったことが問題だったのではないかと考える。
実は個人的に、昨日の昼にその当事者から、相談を受けていた。
 
内容だが
上司にも、誰にも相談できないと言っていた。面接時の業務内容がはっきりとしておらず、相談員ということで入ったのに相談業務は一切させてもらえない、ここでこれ以上仕事はやっていけないというものだった。
 
やっていけないかどうかは別として、仕事を教えてくれてる人に相談はできないのか確認すると、
 
怖くてできないし、仕事が忙しそうで話にならないとのこと。
 
私も入職して一ヶ月しかたっていないので、なんとも意見しがたいのだが、まずは上長に相談して、改善がないのであれば、面接時の様子を話して改善をお願いする。それでダメなら退職も視野にいれていいかもしれないが、いきなりやめますというのは考えたほうがいいと伝えた。だいたい相談員のいる部署なのだから、先輩に相談して問題解決を手伝ってもらえばいいのではないかと話したばかりだった。
ただ、面接時に業務内容の確認を怠ったのはまぎれもなくそのコがおっちょこちょいなのか世間知らずなのか就活経験ゼロだからなのか、どちらにしてもそのコにおおいに問題ありなのでいいわけにもならないのだか…。
 
しかし朝、出勤したらその新卒の相談員さんが退職したと主任さんから伝えられた。私の教え方が悪かったのかなぁという主任さんにみんながそんなことないよ〜と言っていたが、そんなことあると思った私。
 
実際その人の仕事は雑用だったし(切手はりとか)、それだけをやっていたら、なんのために苦労して社会福祉士の資格をとったのわからないと思うだろう。社会人のマナーがどうたらいうのであればその前にその人のやりたいことを理解しようとした上でやりたいことをやるために今の仕事がどのようにつながっていくのか、そのために必要なマナーやらなんやらをこれから教えていけばよいのではないか。そもそもその組織にはマナー研修ないし、そもそも主任クラスですら電話の対応すらできてないわけだから、あまり社会人としてのマナーをいえた義理ではないのだ。
 
ブログの記事にも一方的にどちらが悪いというわけではないが、会社側にも問題はなかったかと問題提起されていたように感じた。本当にそのとおりで、会社側にも問題がなかったか考え、改善できるところは改善すべきだと私は考える。
 
若くて前途有望な人材をちょっとした意思疎通の食い違いでみすみす逃してしまった可能性だってあるのだ。もったいない。
 
ここからは感想の感想
個人的には、雑用だけをさせずにどんどんケースを受け持ってもらって困ったときに先輩が助けて指導するくらいしてもらたいものだと思っている。相談員とか言って、そんなこともできない相談員とか意味わかんないから…って思った。問題解決できないとは(アプローチすらまるでできなかった)、ぶっちゃけ新卒のコより残念だと本気で思った。
 
社会人としてなってないと怒る前に、教育できなかったことを組織全体の問題だと捉えて次回に活かしたほうがよいと思った。辞めてしまったそのコだけに問題があるのか。
 
ないと言っていいと思った、うちの部署の場合においては…。