読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

40歳からのブログ SWの日常

40歳から始めたソーシャルワーカー備忘録。旅行記・福祉制度・いわゆる雑記。現在、SFC修行中

まだ行っていないけど・・・できるだけ安価な宿の取り方を初めてチャレンジ(マルタ滞在記)

友達…といっても、Facebookつながりの友達がいて数回あったことがあるんだけど、その子が今マルタにいる・・・。

「まくはるさ~ん!遊びにきちゃいなよ~」ってどっかのチャラ男が言いそうなセリフをしれ~っと言ってくる。そもそもマルタってどこ??? 調べる。

 



ふ~ん・・・。遠いなぁ・・・お金ないもんな~。あ、マイルなかったけか?

そう、なんだかんだ言ってマイルを貯めていたのだった(まだ陸マイラーと呼ばれるには程遠いのだけど、とりあえず、ためていた。確認してみると、ビジネスでの往復は少しだけマイルが足りなかった・・・。でも、まぁターキッシュならこないだ乗った時、エコノミーでも大丈夫だったと同じツアーのエコノミーで来た人が言ってたな・・・。まずは日程を確認。で、友達に

「行ってもいいけど、英語話せない」

友達
「なんとかなるよ~」<気軽に

ならねーだろ・・・・でも大丈夫っていうからきっと大丈夫なのだろう。

それに、今行かないと永遠に行かない気がする・・・。

というわけで・・・。

友達がおすすめするAirbnbで宿を探すようにとのミッションが友達からでた。というかこれって紹介制度みたいなのがあって、友達からの招待メールで宿を探すとその友達は13500円だかのキャッシュバックがあるらしい。で、私の方は5000円のチケットを使えるということになります。どっちでもいいけど、とにかくちょいWn-Winな感じもしたので、それで探してみた。さすがに長期滞在の宿は見つからず・・・。とりあえず後半の宿を押さえることにしたが・・・。

ここからが大変だった・・・先方はそもそも自分の家の空いてる一部屋を貸し出すわけだから、ほとんどが英語で交流しなければならない。


やっぱりなんとかならないじゃん!!!

どうしよう・・・と思いながら、翻訳ソフトを使いながらやりとりをする。しかし、翻訳ソフトで通じず相手を怒らせることも・・・。怒らなくてもいいじゃん。英語話せないって言ってるんだからさ。翻訳ソフトを使ってるんだって言ってんじゃん。と思いつつ。要するに私の英文法が至らないと気づく・・・。それでも、なんとかコミュニケーションをとり、宿を押さえた。

で、今度は航空券・・・・。どうしてもエライトランジットの時間が生じてしまう・・・。どうしようどうしよう。どうしよう。で・・・。ゴールドカードを持っていればラウンジが使えるという昔話をそのまま持ち越していたらそうではないということを知る・・・

で、プライオリティパスがあると少し楽そうだと考えてどうするか悩むこととなる。

Airbnbを使ってる人から紹介してもらうと5000円OFFになるので、少しでも安くしたいという場合、友達で使ってる人がいたら、友達に招待してもらうのがいいかなって思います。

ある程度Airbnbについて仕組みや失敗談を聞くようになって、私自身かなり無謀なことをしていたことに気が付きました。ただ絶対に必要なことは予約を入れる際に嫌われても納得がいくまでホスト側に質問を重ねることです。こないだ別の知人に話を聞いたら、予約してそのまま宿に向かったら、ホスト側の人がチェックインの時間に家にいなかったという話も聞きます。サイトに詳細はある程度書いてあるけど、私がまた使うときに再度確認しようと思っていることは以下の点です。

 

  1. 空港まで迎えに来てくれるかどうか(車を所有してなかったら迎えに来てくれるかどうか)。有料でもいいから迎えがあると、チェックイン時に来ないという悲劇はなくなる。
  2. レビューの内容との相違点がないかどうかレビューの数など細かいところもよく見る。
  3. シーツなどの取り換え頻度(もしくは取り換えがあるのかないのか)
  4. メールでの質問になるのだけど、その際質問には全部答えてくれるかどうか。こちらが英語話せなくても文法下手でも理解しようとしてくれてるかどうか。

 

これだけ答えてくれたら、親切だろうと思っています。あとは勇気と勢いかな・・・と思っています。治安の悪い国ではAirbnbでは泊まらないと思いますが。一人旅のときはまた利用すると思います。