40歳からのブログ SWの日常

ソーシャルワーカー備忘録。いわゆる雑記。

緩和ケアにおける精神保健福祉士の役割とは何か

以下、レポート練習(転用禁止)。自身の学習のために記述。

 

緩和ケアとは、痛みを和らげるケアを行うということである。

2002年のWHOにおいて、「緩和ケアとは、生命を脅かす疾患による問題に直面している患者とその家族に対して、痛みやその他の身体的問題、 心理社会的問題、スピリチュアルな問題を早期に発見し、的確なアセスメントと対処(治療・処置)を行うことによって、 苦しみを予防し、和らげることで、クオリティ・オブ・ライフを改善するアプローチである。」とされている。

さらに

  • 痛みやその他の苦痛な症状から解放する
  • 生命を尊重し、死を自然の過程と認める
  • 死を早めたり、引き延ばしたりしない
  • 患者のためにケアの心理的、霊的側面を統合する
  • 死を迎えるまで患者が人生を積極的に生きてゆけるように支える
  • 家族が患者の病気や死別後の生活に適応できるように支える
  • 患者と家族-死別後のカウンセリングを含む-のニーズを満たすためにチームアプローチを適用する
  • QOLを高めて、病気の過程に良い影響を与える
  • 病気の早い段階にも適用する
  • 延命を目指すそのほかの治療-化学療法、放射線療法-とも結びつく
  • 臨床的な不快な合併症の理解とその対応の推進に必要な諸研究を含んでいる

とされている。

緩和ケアという言葉は主に悪性腫瘍(がん)末期の患者に使われることが多いが、一概にそうとは言えず、その定義どおり、生命を脅かす疾患をもつすべての患者とその家族に当てはまると考える。

 こうした患者がもつ痛みは、

  1. 身体的痛み
  2. 社会的痛み
  3. 心理的な痛み
  4. 霊的痛み

と言える。これらを全人的痛みといい、軽減するための支援を考えなければならない。

それを踏まえたうえで、緩和ケアにおける精神保健福祉士の役割とは何かを考える。

緩和ケアは関わる専門職は、医師、看護師、セラピスト・臨床心理士・ソーシャルワーカーと多岐にわたる。それぞれがその専門性をもとに全人的痛みを軽減するためにチームアプローチを行っていく。

ここでは精神保健福祉士の役割はMSWが担う。

MSWとして行う支援は主に社会的痛みの軽減に努めることである。知りうる制度を活用し、社会的・経済的な痛みを軽減する。しかし、MSWはそれを遂行しながらも、多職種と患者・その家族の仲介役という役割を兼ねる。緩和ケアに係る多職種がそれぞれの専門性を生かしながらそれら痛みの軽減に努める。そしてそれと並行して医療職と患者その家族との方向性が同じであるか見極めることが必要である。

患者と医療職への橋渡し役とも言えるのではないか。

死の受容過程のどこかにいるはずの患者・家族は精神的な問題を抱えている可能性が高い。彼らの感情表出に注意を払い、チームに発信していくことも精神保健福祉士の役割であると考える。

死ぬ瞬間―死とその過程について 単行本 (1998)

エリザベス キューブラー・ロス  (著)、Elisabeth K¨ubler Ross (原著),、鈴木 晶 (翻訳)

Palliative care is an essential part of cancer control

http://www.who.int/cancer/palliative/en/

(20150505)