読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

40歳からのブログ SWの日常

40歳から始めたソーシャルワーカー備忘録。旅行記・福祉制度・いわゆる雑記。現在、SFC修行中

英語を全く話せない私がひとり旅行のトランジットで失敗したした話 パート3

さて、イスタンブールの空港でトランジットに失敗してます。続きです。

www.makuharu.com

 

www.makuharu.com

お店のあちこちに「Free Wi-Fi」と書いてある。でも、鍵かかってますけど。

お店のWi-Fiはあるようなのだが、鍵がかかっているのである。

あ!スタバ!!日本のスタバはフリーだぞ。

しかしスタバも鍵かかってます。どうやらパスワードをもらわないとならないらしい。

「買えば、パスワードをくれるのか?」

試しにコーヒーを買ってみた。でも、パスワードはくっついてこない。

おかしいと思ってパスワードを教えてくれと聞いてみた。

するとボーディングチケット見せろ的なことを言われた。

もう、無効になったチケットでもいいのかな?と思ったらオッケーだったらしい。

 ↓こんなやつ(これは1時間のカフェでもらったレシート)

f:id:halynsmak:20170104132003j:plain

航空券のバーコードから、Wi-Fiのパスワード(↑のPINコード)が発券されるとう仕組みらしい。でも、これ2時間までって有効時間があるんだね。

要するに、2時間しか使えないということだ。これは困った。

今朝の4時。成田行きの便は翌日の0時40分でしょ。チェックインできる時間までどうしたらいいんだろう。

まずは、電話ができる環境になってまず、ANAに電話をした。

事情を話して、チケットを押さえてもらうことに。ただ、初めてのことなのでびっくりなのだが、チケットを予約するのに、この電話から6時間後にANAから私充てに電話をして、それでチケットの予約が確定する。

私宛にかけなおすってあたりが問題。かけなおそうにも携帯電話はすでに日本に向けて出発している。

事情を話して、かけなおしをしてもらうことが困難だと理解してもらう。

そうしたら、6時間後きっかりに私がANAに掛けなおすことになる。

掛けなおさないとチケットが押さえられないと念を押され、絶対に掛けなおしますと伝えて電話を切った。

そこから、6時間どうしようかな・・・と。

ここで朝8時。眠い。チケット確定まであと6時間。どうしたらいいのか。

 ・・・・・

イスタンブールに行こうかと思ったけど昨晩イスタンブールでのんびり過ごしていたのでさすがに気分が萎える。

まずは、空港内をくまなく歩くことにした。思ったより、チェックイン前の空港は大きく感じられなかった。

それにまだ8時だ。カフェくらいしか開いていないのだ。それに6時間後、Wi-Fi環境に私がいなければならない。

寝るわけにもいかない。かといって手元には充電が切れそうなスマホ。下手に使えない。充電プラグはトルコ用のものは持っていない。

充電もできない状態で6時間。もはや妄想やら空想やらあらゆる暇つぶしをし始めた。

なんとなく、私はテロで死ぬのではなく、出国できず一生をこの空港で終わるのではないかと思うくらい。

先ほど得た2時間のWi-Fi環境はすでに時間切れ。

さあどうなるのか・・・最終回へ。