読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

40歳からのブログ SWの日常

40歳から始めたソーシャルワーカー備忘録。旅行記・福祉制度・いわゆる雑記。現在、SFC修行中

大みそかに自己紹介をしてみる

あっという間に一年がたってしまった。
昨年の今頃は・・・と振り返るとどうしても受験勉強についてダラダラと書き始めそうなので、

今日は、振り返りも含めて、自己紹介をしたいと思います。

 

ドメインを取得してみました

makuharu=まくはる
「まく(mak)」は私が外資にいたときのニックネームです。
「はる(hal)」は私の子供のニックネームです。
正確にはmakhalなんだけど、呼びづらいので。

とり方はまたしても先輩ブロガーさんの記事からなので、次回まとめます。 

 

ブログを始めたきっかけ

ブログを書き始めたのは、

ブログタイトルにあるとおり、40歳から福祉職について、日々学んだことをブログにあげて、ネットからも「教わったこと、知ったことを自分で確認するための備忘録」にしようと考えたからです。

はじめのタイトルは

「40歳からのブログ MSWの日常」

でした。MSWとは「医療ソーシャルワーカー」と言って、病院にいる相談員です。
若い人にはあまり縁がない職種ですが、病院に入院したときの困りごと(心理的・経済的)の相談を受けています。100床くらいある病院なら、1~2人います。

ただの備忘録がそのうち、独り言やもともとの性格も手伝って愚痴(だいたい医者とか看護師とか他職種に対する文句汗)になり、日記になり、旅行記になりと派生していったわけです。

 

なんでソーシャルワーカーになったのか

私は30代後半までWEBデザインとプログラム(かじる程度)を仕事としていました。

当時、幼稚園入園前の男の子(通称:ハル)と暮らしていましたが、IT関連の仕事の帰りは遅く、実母に預けて仕事をしていたら、ハルは知らぬ間に実母を自分の母だと勘違いするようになりました。あせった私は仕事を辞めて、貯蓄を切り崩して主婦?として生活をし始めました。
しかし収入はない。

・・・このままでは生活できなくなる(やっべー)。

どうして医療ソーシャルワーカーを選んだのはまた次回に書くとして、40歳で福祉職デビューしました。

 

ソーシャルワーカーとは?

ソーシャルワーカーってなんなの?という話ですが

ざっくりいうと、国際ソーシャルワーカー連盟というものがあってそこで定義がなされています。

 だいたい社会福祉士の資格を取得していて、生きていく中で本気で困ったことがある人の相談にのったり、福祉制度を紹介したり、最悪、その制度を駆使して問題解決をすることを仕事としている人をソーシャルワーカーといいます。

 

ブログのタイトルについて

医療ソーシャルワーカーとはその中でも医療分野に特化しているという感じです。
(メディカルソーシャルワーカーを略してMSWといいます)

そこから新しくキャリアスタートしたのですが、先ほど、病院を退職しました。
今後は、地域の相談センターみたいなところで働くので

「40歳からのブログ MSWの日常」

 

からMSWの「M」をとってSW(ソーシャルワーカー)としました。

「40歳からのブログ SWの日常」

正確にいうと今後の仕事はコミュニティソーシャルワーカーという分野に属するのですが、MSWでもわかりづらいのに、CSWって何?ってなっても、MSWよりも説明が難しいので、SW(ソーシャルワーカーの略)にしました。って言っても結局、急にSWって書いてあっても「なんなん?」って思われるのは必須ですが。

 

ブログに書かれている内容

ブログに書かれていることは、

医療ソーシャルワーカー時代に勉強したこと。
何気にマイルを貯め始めたので、マイルのこと。
好きだと思ったことはないのだけど、何気に旅行に行っているので旅行記。
などなど、「雑記」です。

ただ、マイルを利用して海外旅行に行き、そのときに、ラウンジを思いっきり使えたらいいな・・・、優先レーンが使えないイライラ感。
いろいろ経験して、トランジットの待ち時間に「SFC」というカードの存在を知ってから

私もほしい!!!

となって最近はもっぱら、SFCの取得についてのブログを書いているブロガーさんの記事を読みまくっています。
知識がないまま突っ走るのが私の特技なので、プロガーさんがすすめていることはもれなくコツコツまねています。

なので
今後のブログに書いていくことは

  • 福祉系
  • 旅行
  • SFC(スーパーフライヤーズカード)
  • 雑記

こんな感じのカテゴリーになるだろうと思っています。

知り合いにライターさんがいるので

※(本人に許可とれたら、その知人の書籍へのリンクをはります)

その知り合いの方にこのブログを見せたら「文章が稚拙」と言われそうですが、私はライターではないので誤字脱字や言葉の使いまわしが間違ってる可能性が多くあると思います。すみません。

 

「まくはる」という人間について自己分析

私の基本スペックは非常に低く

面倒くさい
やだ
もうやりたくない

が心の口ぐせなので、残念な文章が多いかもしれません。でも、こんなヤツも生きているんだなぁと思ってもらえたらうれしいです。

基本的にあまり物事を深く考えていません。
「ボジティブなことを考えていると素敵なことが舞い込んでくる」的な考えは真向しらんぷりです(否定しないのは、否定することで敵を作るから。基本チキン)。
意識はしていませんが、偶然にいいことがあると「次は悪いこと」とすぐに警戒モードに入ります。
お世辞で「若く見えるね」と言われても信じません。だって、若くないんだもん。
たまに「40代にみえないね」と言われますが、30代後半と40代前半の幅で喜ぶほど若くないので、ざっくり「おばさん」というくくりでいいではないかと思うタイプです。
実際、息子の友達に「おばさんさ~」って話しかけられるし。女子会いかない?と誘われると微妙に首をかしげてしまいます。

こんな屈折している私ですが、楽しいことは大好きで、自分でとりに行きます。


そんなわけで、今年もお世話になりました。来年も、今後も、よろしくお願いします。