読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

40歳からのブログ SWの日常

40歳から始めたソーシャルワーカー備忘録。旅行記・福祉制度・いわゆる雑記。現在、SFC修行中

マイルでいくマルタひとり旅  2日目(イムディーナへ行ってきたよ)

マルタ2日目。

まず、「地球の歩き方」に沿って、首都のバレッタに向かう。バスターミナルになっていて、基本的に、ここからいろんなところにバスで行けるとのこと。 「地球の歩き方」に載っているイムディーナに行ってみよう!

 

イムディーナに向かう

その前に充電。スリーマのマックによって堂々と充電。

f:id:halynsmak:20170104102131j:plain

マーガレットさんちから、海まで歩いて15分ほどでバス停があります。

f:id:halynsmak:20170104102239j:plain

みんな泳いでいる。そして海はきれいだ・・・そう思ってバスに乗る。これはスリーマのバス停(バレッタ行だから海沿いにあります)です。

f:id:halynsmak:20170104102334j:plain

バス代は2ユーロ。こんなチケットです。

f:id:halynsmak:20170104141701j:plain

2時間以内であれば、もう1回乗れるという謎のシステム。途中下車しても、一回降りて2時間以内だったらまたそのチケットで乗車できるというもの。レシートのような紙質なので、なくさないように要注意。乗車2時間以内ならもう一回乗れるのだから。イムディーナはスリーマからバス一本でいけます。

f:id:halynsmak:20170104102406j:plain

バスはこんな感じ。空いててよかった・・・。

ただ、「イムディーナ」に行こうと思っていたら、こちらでは「Mdina」と記載。頭文字は「I」ではない。知らなかった・・・。イムディーナは塀でぐるりと街が囲まれている。今思うと、進撃の巨人*1の塀のよう。

 

イムディーナについた

さあついた。どこそこに像が立っている。

f:id:halynsmak:20170104102515j:plain

もちろん、英語で書かれているので、内容がわからない。長文は却下。

メインゲート

かつてイムディーナは首都だったそうです。街の周りは堀のようになっていて、塀があってその城壁の門です。

f:id:halynsmak:20170104102623j:plain

「さぁ入ろう」という気分になります。門の彫刻はとてもきれいでした。「地球の歩き方」でみる写真で感じたより、小さく感じました。

国立自然科学博物館/ヴィレーナ邸

f:id:halynsmak:20170104103209j:plain

「地球の歩き方」に載っているところは全部行きたいと思っていた私ですが、なんか気乗りしないのでスルー。お金を払ってみるところかどうか・・・・。時間とお金に余裕のある人は行ってみたらどうだろうと思いました。

f:id:halynsmak:20170104103720j:plain

街並み。こんな細かい路地が多くあります。まずは小腹がすいた・・・。

お腹がすいた、ご飯を食べよう!

The Xara Palace Relais & Chateauxというホテルを目指す。

f:id:halynsmak:20170104103919j:plain

どうもここはカフェを併設しているようだ。泊まってみてもいいのかもしれないけど、一泊して周りを観光したらそれで終わってしまうだろうなぁ。Wi-Fiのパスワードは教えてくれます。

f:id:halynsmak:20170104103943j:plain

マルタについて初のカフェオレ。おいしい!!!雰囲気か?バケットを頼んでそれだけで十分おなか一杯になってしまった。カード使えます。ここでかなりのんびり休憩をしました。ここにいつか泊まりたい・・・。そんなことを思いました。
そして、たぶんこの辺で一番の有名な聖パウロ聖堂に向かう。

聖パウロ聖堂に入ろう

f:id:halynsmak:20170104104227j:plain

改めて見ると2つの時計の時刻が違うな・・・。理由は・・・調べてないや・・・。気になるからはご自身で調べてみてください。

こちら、正面から入ることはできなくて、入り口は正面向かって右横にあります。
おじさんがちょんと座っていているので「チケットはここで買うのか」と聞くと、「ここでは売ってない。売り場があるからそこで買って」と言われました。どこで買うんだよ・・・英語わかんない。

観光センターなるものを発見して、そこで聞いてみると、「聖パウロ聖堂で売ってます」というようなことを言われる。
再度戻って、おじさんに「ここで売ってるって言われた」というとおじさんは「ここじゃない」と私という物体の向こうを見ながらそう言った。私という物体の向こう側には、博物館がある・・・おじさんの目線にどおり博物館に向かって突入すると、博物館でチケットを売っていた。聖パウロ大聖堂と博物館はセットだったのだ。なんだよ・・・。まぁいいや。博物館も好きですから、見学させていただきます。

附属博物館に先に入ろう

ガイドいないのに、突入する私。予備知識なしでがんばることに。

f:id:halynsmak:20170104104601j:plain

銀・コインなどなど、素人ながら感動しました。

f:id:halynsmak:20170104104617j:plain

中庭があったり、造りも素敵だな~って思いました。写真撮影はOKのところとNGのところがありました。

f:id:halynsmak:20170104105656j:plain

手ぶれ写真ですみません。しかし、祭壇多いなぁ~。

聖パウロ聖堂に入ろう リターンズ

で、本番の「聖パウロ聖堂」。

さっきのおじさんのドヤ顔でチケットを渡す。

おじさんは何を思ったかわからないけど、リアクションなし・・・。
私はズボンをはいていたから問題はなかったけど、
露出が多い服を着ているとストールを借りなければなりません。
要注意ですね。
さあ入った。

f:id:halynsmak:20170104105933j:plain

またぶれていますが、ステンドグラスです。先ほどの表の扉の謎の時計の間の窓から光がさしているのでしょう。

撮影したらいけないのかと思ったら、フラッシュ撮影はダメなんだそうです。それ以外はOK。

f:id:halynsmak:20170104110225j:plain

やっぱりこういう建物は好きだー。奥に進みます。

f:id:halynsmak:20170104110245j:plain

ドームの内側に描かれている絵画がたまらない。うまい下手などわからないけど、たまらない。多分、本当に好きってこういうことをいうのだと思っています。

f:id:halynsmak:20170104110124j:plain

天井観ながら昼寝をしたい・・・と思いました。フレスコ画ラブなのか私・・・。のんきに昼寝とか言ってるけど、こちらでは、聖パウロの難破が描かれているそう。不謹慎かもしれません。墓石があります。

f:id:halynsmak:20170104110512j:plain

どこそこに十字があります。

f:id:halynsmak:20170104110610j:plain

 

f:id:halynsmak:20170104110850j:plain

興奮していたわけではなくて感動をして疲れちゃいました。イスには座れるので、30分ほど、ぼーっとしていました。

2時間後、聖堂をでた

そして城壁から外をみる。

f:id:halynsmak:20170104111118j:plain

すごーい!日本で観られない景色が広がっている!塀の外はこんな感じでした。閑散としている・・・。城塞の中は結構華やかなのに。さて、街をうろつくことにしました。

街角にはマリアさまがいらっしゃる。

f:id:halynsmak:20170104111318j:plain

一体この国はなんなんだ・・・。それはその数日後わかることとなる。いろいろ迷子になっていたら、帰りのバスの時間が・・・。仕方なく、一旦スリーマに変えることにしました。

f:id:halynsmak:20170104111605j:plain

なんか消化不良でした・・・。

まとめ

イムディーナは中世、地方政府議会と行政センターがあり、さらに敵がやってきたときは私設軍隊の集合場所でもあったそうです。首都が移転する際に残った貴族がいたため、そのまま素敵な邸宅がそのまま残っています。聖パウロ聖堂はマルタ最古の聖堂でしたが、一度取り壊され再建築したものなんだそうです。横の博物館は聖パウロ聖堂のコレクションだとか。聖堂って結構キラキラしてて華やかですよね。また来たいなって思いました。一泊二日がちょうどいいかも・・・。ツアーで来た場合本当にどうしているのか気になるところです。観光名所として歩いて10分ほどのところにラバトがあるのですが、そこまで行く時間はありませんでした。私の周り方が悪く(聖パウロ聖堂に入るのにかなりの時間を取られてしまい)、ゆっくりと全体を回り切れていないし、歩いてすぐのラバトには立ち寄ることもできず、自分に不満足な一日でした。

でも、もう一度来たいなぁと思ました。ここに一泊が妥当だと思いました。

今日行ったところまとめ

充電のためのマック

イムディーナメインゲート

The Xara Palace Relais & Chateaux(カフェ利用)

聖パウロ聖堂

聖パウロ聖堂附属美術館(チケットはこっちで売ってます)