読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

40歳からのブログ SWの日常

40歳から始めたソーシャルワーカー備忘録。いわゆる雑記。

マイルでいくマルタひとり旅 3~4日目(スリーマ・バレッタふらふらり)

2日目、3日目と結構、観光はしませんでした(3日目はそれどころではなかった)。

2日目

2日目海沿いにでてテトテト、セントジュリアンというお金持ちが暮らす地域に足を\\のばします。本当に気持ちのいい海岸です。ジョギングを欠かさない人や散歩散歩している人が多いのもうなずけます

f:id:halynsmak:20170104142330j:plain

 北に向かって歩くこと20~30分。ちょっとお茶でも・・・カフェオレを飲みました。おいしいんです。

f:id:halynsmak:20170104142430j:plain

ここはコスタというカフェです。セントジュリアンのコスタから海をみるとこんな感じです。海と言っても港です。今日は写真をこれしか撮っていません。

こちらにはスタバがなく、代わりにコスタがあります。カプチーノのミディアムが3.25ユーロです。正直スタバより美味しいです。マルタ各所にあるのですが、Wi-Fiのパスワードはお店ごとに違っています。一度聴いたらそれがすっと続いているようなので私はセントジュリアンのコスタとバレッタのコスタのパスワードはメモしました。最終的に覚えました。3ユーロとかでもカードは使えるしWi-Fiフリーだし最高です。

f:id:halynsmak:20170104142825j:plain

海の景色は変わりません。みんな泳いでいます。日本で例えるなら、東京湾でも、木更津の海でも、横浜港でも人が泳いでいるという感覚です。ありえない。

 

海外はたいていカードが使えるから現金はあまりいらないという話について

帰り道、カフェ的なところはないものかとお店を探してお茶をしました。

f:id:halynsmak:20170104143407j:plain

現金が思いのほか減っていくので、カードが使えるお店を探すという試練にぶち当たりました。マルタはカードが使えるお店がほとんどですが、お土産を安く買おうと思ったら、現金での支払いになります。

また、3,000円以上じゃないとカードは使えないというお店も多くあるので一人旅行の場合、注意が必要です。ここのレストランでも同じことを言われてカードが使えませんでした。まぁ確実にレストランだもんね・・・。

マーガレットさんちに戻ってくったりしました。

 

3日目

初めての両替

3日目現金がなくなったので、スリーマのHSBCで両替をしました。

f:id:halynsmak:20170104143725j:plain

一人で海外で、さらに銀行で両替。初めての経験です。日本でもそんなにやったことありません。旅行の際は空港で両替をしていたし、一人で海外に行ったことがないもので・・・。

話せなくても両替はできるようです。パスポートを持って行ってサインするという感じ。いくら両替するの?という質問に、一万円札をだすだけで済みました。会話がなくても成立します。銀行なのでレートをごまかすことはしません。

カフェ・キューバ

そのあと、朝ごはんです。ここはスリーマで一番入りやすいし、メジャーなカフェのようです。マックは冷房強すぎてしんどいです。そもそも私が行った時期は日本の平日だし日本人が少なかったです。

f:id:halynsmak:20170104144214j:plain

夜ご飯もここで過ごすことがありましたが、カフェラテとガスウォーターとお兄さんおすすめのハンバーガーで16.90ユーロでした。

f:id:halynsmak:20170104144406j:plain

カフェラテのミディアムは、2.5ユーロです。クッキーもついてきます。やっぱりカフェオレはスタバより、おいしい気がします。

マーガレットさんとの別れ

今日でマーガレットさんとはお別れ。一緒に写真を撮ろうといいましたが、化粧もしてないのにいやだと断られました。私だって、日焼け止めしかしてないよ・・・。

f:id:halynsmak:20170104144717j:plain

家の写真を撮りました。一泊素泊まりで2800円です。ありがたいAirbnb。マーガレットさんがFacebookやってるというので友達申請をしました。さよならのハグをして別れました。

次の宿にむかう

バレッタに向かうスリーマからスーツケースをガラガラ押すこと15分。スリーマまでバスでも行けますが、時間的にフェリーが楽そうなので、5ユーロ出してフェリーに載りました。

f:id:halynsmak:20170104145000j:plainスーツケースで入るのは厳しかったけど、結構重いのでそんなにバリアフリーではバスよりはましかもしれません。ちなみにフェリーの乗り方ですが、乗り場に行って現金5ユーロ渡して券をもらうというシンプルなものです。基本的に観光客しか乗っていません。

f:id:halynsmak:20170104145143j:plain

向かうはリタさんち。なんとかかんとかストリートに住んでいると聞きました。

チェックインまでの時間がまだあるので、ちんたら歩いて写真を撮ったりしていました。

f:id:halynsmak:20170104145232j:plain

スリーマより汚い気がするけど気のせいでしょうか。

f:id:halynsmak:20170104145309j:plain

日本でいうところのハトバスです。ここには日本語ガイドがあります。マルタ島では利用しませんでした。

すると事件です!

バレッタについたのはいいけど、リタさんちがありません。

もちろんWi-Fiがないと私は誰とも通信ができません。

慌てて人の聞いてみたら、

 

「ペングローブに同じストリートがあるからそっちだよ」

 

うそだ・・・。リタさん、本当にごめんなさい。
Wi-Fi環境のあるところを探してまず謝罪。とにかく、ペングローブをあらかじめダウンロードしておいたGoogleMapで調べる。

役に立った!

一番しんどいのはフェリーでスリーマに戻ること・・・。

今思えば、バレッタ(首都なので、バスはここからたいていのところには乗り継ぎなしでいける)なんだから、そこから行けばよかったんだけどそんなことを思い浮かばせる頭はありませんでした。

都内でいうところの
墨田区マルタ町13

世田谷区マルタ町13

と勘違いしていたらしい。リタさんはマルタ町13って言ってたもん。きっと私が、ペングローブという文字を読み忘れていたんだと思います。そういったこともあったので、3日目はリタさんにも迷惑をかけ、私も激しく疲れたというすごい一日になりました。

まとめ

治安がよくてよかった・・・。Wi-Fiの命!