40歳からのブログ SWの日常

ソーシャルワーカー備忘録。いわゆる雑記。

沖縄伝統料理はひとつかふたつしか食べられない人間がよく行くお店について

せっかく那覇にきたので、なんちゃって食レポをやってみたいと思います。私は沖縄料理が苦手です。ゴーヤーとか無理です。沖縄に来たらジャンクフードやお肉を食べた方がいいと思っている派です。あとは八重山そばとか好きです。沖縄はステーキが美味しいというイメージしかつい最近まで持っていませんでした。今回は自分のよく行くお店について書いてみたいと思います。私の主観で話を勧めます。事実確認はご自身でお願いします。

 

和牛のたんやです

今は女将がきりもりしていますが、数年前までは職人堅気風のおじいちゃんが大将をやっていたお店です。東京六本木にもお店があるそうですが、私は東京のお店は行ったことも調べたこともありません。私が「大将面白いな」って思ったのは、お店は沖縄にあるのに「うちの酒はなかなか手に入らない九州の焼酎がメインだ(ドヤ顔)」と言っていたことです。観光客相手に何言ってんだ?と思いましたが、ハルさんを連れて行くと絶対に「ここで働け」と言ってくれました。当時のハルさんは4歳です。大将の教育のおかげですっかり、肉大好きな子供に育ちました。

今はその大将ではなく、とても優しくて楽しい女将がお店を切り盛りしています。

 

お店についたよ

お店は松山と呼ばれる沖縄の繁華街にあります。ゆいレール「県庁前駅」からタクシーでワンメーターです。歩いても行けます。かなり古いビルの2階にあります。わかりづらいし、怪しい感じがします。

▼お店の前

f:id:halynsmak:20170118221833j:image
激混みか激空きかわからないので県外の人は予め予約をしていくことをお勧めします。私が行ったときは激混みだったので、もれなくカウンターです。あと暇だと早めにお店閉めちゃっています。若干沖縄タイム適応のお店です。

 

通い慣れているお店なのでオススメメニューとか書いてみる

お肉はアメリカ産牛か石垣か八重山牛です。オススメはさがりとタンとタンシチューです。でも個人的に一番好きなのは、もずく酢です。

もずく酢

▼もずく酢

f:id:halynsmak:20170118144146j:image

近所で売っているもずくは細くて好きではありませんが、沖縄のもずくは太くてとても美味しく感じます。おかわりしたいくらいです。もずくの天ぷらが私は好物なのですがここにはありません。

お肉について

肉は仕入れてから、ある程度熟成させます。流行りの熟成肉です。カウンター越しの冷蔵庫に入っています。とても柔らかく味わい深いお肉です。個人的にはとなりの玉ねぎやキャベツは残しそうなのでいらないとか思っています。
▼タン

f:id:halynsmak:20170118221856j:image

▼さがり

f:id:halynsmak:20170118144131j:image

スープについて

タンシチューは値段の割に肉の量が多いです。タンの切れ端を使っているので安くできるとのことです。テールスープはネギがいっぱい入ってなのでネギ嫌いな人はひとこといらないと伝えたほうがいいです。今回は食べなかったのでまた食べる機会があれば追加します。

沖縄ならでは料理「あぐー鍋」

昔流行ったあぐーという豚肉の鍋も置いています。あぐーはしゃぶしゃぶとして食べますが、あくがあまりでません。
▼あぐー鍋f:id:halynsmak:20170119212753j:image

f:id:halynsmak:20170118144132j:image

ただこれは一人前の量が多いので、1人で行く時は絶対に頼んではいけないと思っています。

その他飲み物について

正直、飲み物は沖縄価格ではありません。オリオンビールはもちろん置いています。泡盛は残波の白(こちらでは「残シロ、残クロ」などと呼び分けています)だけなので、お酒を楽しみたい人は別で飲み直したほうがいいと思います。ワインは女将の趣味で1種類。どうしてもないちゃ〜(沖縄県外の人が常連さん)・沖縄でもお偉いさん相手のお店なのでお酒の値段は都内とさほど変わりません。そのうち、会話とお酒が楽しめるお店をひとつだけ紹介できたらと思っています。

 

まとめと感想

店構えが非常に古いし、中も古すぎ。初めて行ったのは10年以上前なので古くて当たり前かもしれません。

お肉についてだけ言えば、コストパフォーマンスはいいと思います。安い肉は取り扱っていません。都内で熟成肉をこれだけ食べたら幾らかかるか考えただけでも恐ろしいです。和牛でもアメリカ産牛でも両方美味しいです。

ただ、「金の斧、銀の斧、あなたはどちらを選ぶ?」という問いに「え?プラチナはないの?」というタイプの人には不向きかもしれません。私がお世話になっている先生は「ホテルはスイート」「飛行機はファースト」「新幹線はグラン」「食事は赤坂かホテルのクラブラウンジ」「車はランボルギーニ」という人だったので、連れて行くことはしませんでした。ただ、そういうタイプの人でもハマる人はハマって通い詰めるようなので一概に向き不向きのないお店かもしれません。そうそう、トイレはウォシュレット付きでペーパータオルです。

だいたい飲んで食べて10,000円くらいかなと思います。内地の人にはたまにサーターアンダギーをお土産に持たせてくれます。気前良すぎてお店はちゃんと経営できているのかと心配になります。
あと、クレジットカードはちゃんと使えます。私はここで初めて軍艦変えるという例のカードをもつお客さんに会いました。あれ、結構重いんですね。実は軍艦買えるカードは軽いそうです・・・。

沖縄は貧富の差がとても激しい土地だな・・・と実感です。その方はとても気さくないい方でした。女将は松山で20年は働いているのでいろいろと美味しいお店を知っています。それを教えてもらってもいいかもしれません。女将もとても親切で聞かれたことにはなんでも答えてくれます。多少お金かかっても美味しいものが食べたいという人にはオススメのお店だと個人的には思っています。

女将の人柄はとても良いです。女将風の人が2名いますが髪が長いほうが女将です。私は大好きなお店なので通い詰めています。お肉と女将のいいお店です。

 

和牛のたんや お店情報

 和牛のたんや

ジャンル:焼肉、牛タン、しゃぶしゃぶ

最寄駅:ゆいレール「県庁前」から404m

TEL・予約 :050-5890-9853(予約専用番号)

住所:沖縄県那覇市松山1丁目5−1 ナムラプラザ 2F

営業時間:18:00~23:00

定休日 :日曜日、祝祭日、正月(1日~3日)