40歳からのブログ SWの日常

ソーシャルワーカー備忘録。いわゆる雑記。

バレエを知らないど素人のはじめてのバレエ鑑賞記 前編(準備編)

昨年末、友達の知人に結構有名なマスコミ関係者さんがいて、「バレエのチケットもらったから一緒に行きませんか?」とお誘いを受けました。私の大好物の棚ぼたです。私は棚ぼたが多い人生を送っているように思います。ですが、バレエいかない?と言われて「サーブ・レシーブ・アタック!」を思い出すお決まりのアレです。数分後、「バレー」ではなく「バレエ」だと分かったことがわかり、行ったことないから気軽にOK!とお返事しました。ただ「バレー」でもOKしていたと思います。

しかし前日になって知人から、「体調不良になったらいけないかもしれないからその場合友達とみてきて」と宅急便で先にチケットが届きました。

封筒を開けてみたらS席です。 (うっひょーぃ!):心の声 なんかS席ってすごそう!さてさて、困りました。私は、バレエを観に行ったことがありません。そしてTVで観たこともない・・・。さて困ったぞ。

まず下調べ

右も左もわかりません。 そもそも、キエフ・バレエって何? 早速、検索しました。

ウクライナのキエフを拠点とするバレエ団。1867年に設立。旧ソ連時代の1970年代にロシアバレエの伝統を受け継ぐバレエ学校とともに広く知られるようになった。主にシェフチェンコ記念ウクライナ国立歌劇場で公演を行う。

コトバンクより引用 

世界3大バレエ団とうたわれているらしい。「らしい」では気が済まない私ですが、バレエについて調べていたら、公演終わってしまうよと思ったので辞めました。Facebookでロシアの人と知り合っているので、そこの問い合わせてみようかと思いましたが、私はカタコトの英語。相手はバリバリのロシア語と英語。やめておこう。

結局日本人の友人に話を聞くことにしました。

 

演題について

第1部「パキータ」より

全然知らない・・・。

第2部「白鳥の湖」より第1幕2場

チャイコフスキーによって作曲されたバレエ音楽?絵本の物語じゃないの? 通常オデット(白鳥)とオディール(黒鳥)がいるらしい。 なんかブラックスワン*1を観るのが早いのではないという結論に至る。まだ時間はある。

第3部「眠りの森の美女」より第3幕

映画で観たことがある。おおよそ、大丈夫なはず・・・。根拠のない安心感。心理カウンセラーでも人気のある「グリム童話」。心理学を学んだ人は素直にこのお話をおとぎ話としてとらないことが多いというウワサの「グリム童話」です。

半ば調べるのをあきらめて、公式サイトをみた

公式サイト:バレエ・オペラ・クラシックコンサートの公演なら【光藍社(こうらんしゃ)】

調べていくうちに、チケットの値段を見て驚いた!15,000円也!

これで、沖縄行けるじゃん!マイル溜まるじゃん! これは大変のものをいただけた。本当に焦り始めました。いつもジーパン+ニット(夏だとニットがTシャツになる)の恰好で行っていいものだろうか・・・・ 。

 

何か注意点はないのかを調べ始める超初心者

始めはネットで調べました。注意点とかないの?

私の脳内

まずい!お着物でいらっしゃる方がいる。たいてい着飾っている方々多くいらっしゃる。これはジーパンでは行けそうもない。化粧もせねばなるまい。

私みたいな初心者は多くいるようで、結構〇〇知恵袋などのサイトでFAQがありました。 私が一番納得できたのは、チケットの種類により客層が違うという一言。そうだよね。S席買って観に来る人はきっと慣れていらっしゃるはずだ。

もう頭がパンパンになってしまったので、知り合いでバレエ鑑賞が好きそうな女性を探したら、いました。知人にきくことにしました。 バレエ鑑賞が趣味だという知人にメール をしました。

どんな格好でいけばいいの?

>知人いわく、

「バレエ団や時期などにもよる」とのこと。あれこれ事情を話したら 「ワンピースが一番無難だよ」という話になりました。

>知人も1か月前に知ったのだけど、地方に住んでいるとは言え有名な伝統建築だかなんだかの会社の元経営者だったと知りました。さすがに同伴者に恥をかかすわけにはいかない。一張羅のワンピースにしよう!ということで、服装は年相応のワンピースにしました。誇りかぶってないだろうか・・・という若干の不安。

ストーリーを知っておいたほうがいいらしい

今度はバレエを習っていた知り合い(これもFacebookつながり)にきいてみまいた。

知人:「演題のストーリーを知っておいたほうがいい」

やっぱりか・・・・。振り出しに戻りました。上記で調べたことプラスのものを求められます。

第1部「パキータ」より

第2部「白鳥の湖」より第1幕2場 第3部「眠りの森の美女」より第3幕 三時間もあるよ・・・(ちょっとげんなり) パキータってなに?パキータという物語は知人に確認すると、「」 音楽と物語を3部とも全部調べておくことにしました。 オペラグラス オペラグラスがあるといいらしい。バレエを観たら、きっと一回はオペラも観てみたいと思うかもしれない。時間があったら購入してから行こう。 パンフレット また劇場で販売しているパンフレットは買ったほうがいいらしい。それは買います。全然知識ないんだもん。

 

まとめ

自分で出した課題をクリアしてバレエ鑑賞に行ってみたいと思います。

>f:id:halynsmak:20170130091015j:plain

▲ある程度、はしゃいだあとに見返すと題名に「バヤデルカ」の文字が・・・なんだろう・・・とそこは気にせずに実践に向かうことにしました。

*1:白鳥の湖を演じることになったプリマドンナの苦悩を演じるナタリー・ポートマン主演の映画。