読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

40歳からのブログ SWの日常

40歳から始めたソーシャルワーカー備忘録。旅行記・福祉制度・いわゆる雑記。現在、SFC修行中

上野さんとハルパパとお菓子たち 優しい人たち

うちの職場では他職種が基本的に同じ仕事をしていてます。みんな仲良しですが、私は新米なので基本的にはおとなしくしています。もともと無駄口を叩かないのでみんなが笑っていても微笑む程度で終わります。

今のところケース(個別担当)を持っていないので、毎日楽なのですが、この日に限って先輩がかなりの亀ペースで書類作成をしているので「私でよければ・・・」と報告書を作成しました。すると、どうしたら、こんな時間でできるのかと聞かれショートカットキーについてお話ししたら「知らなかったわ」と言われびっくりした次第です。そりゃ時間かかるわ。でも、その人はとても良い人なのでどれだけヘマしようと管理者に怒られようと私は大好きです。

そんな先輩の仕事をすませて新宿に向かいました。

金曜日の夜

私の仕事はとても地味です。この歳ですので着飾ったところでたかが知れているのですが、化粧も人前で恥ずかしくない程度、アクセサリー禁止、ズボン、靴は動きやすいスニーカーなど、禁止事項たんまりの職場です。なので仕事帰りに食事というのは相手が「おしゃれ好き」であると非常に困るのです。しかし上野さん(仮名)は、どんな格好でもOK!と言ってくれたので先輩の報告書作成からそのまま職場から直行しました。

そのときの私のカッコ

www.muji.net

www.muji.net

ベージュのカーディガン(これだけいい感じのもの)

スニーカー(ハルさんのまだおろしていないスニーカーを借りる。私のスニーカー汚れがひどかったから。)

で、お決まりの黒メガネ。

地味です。地味すぎます。ホント、すんません、すんません。そんな感じでお店に入りました。

上野さん、諸事情がありご馳走してくださるというので、心ばかりのお土産を持っていきました。するとまさかのお土産返しをくらいました。シラス(一匹)でタイ(タイってシラス食べるの?)を釣っちゃったパターンです。

いただいたお土産が多すぎた件

干菓子

f:id:halynsmak:20170408015904j:image

私の趣味(すみません、こんな雑な私でも茶道の免状を持っております。千家の面汚しです。)をご存知か? 干菓子をお土産にいただけるなんて、驚きました。

クッキー

f:id:halynsmak:20170408110839j:image

そのあと出てきたのが、クッキーでした。

上野さん:「これなら、職場の人にもおすそ分けできるでしょうし」

私:(そんなお気遣いご遠慮申し上げる!)「いいえ、1人でいただきます(キッパリ)」

オランジェット

そして、私が愛してやまないオランジェット。

これはさすがに写真を撮れませんでしたが、待ち合わせのお店でいただいものを全部開けてしまいました。私、プレゼントはその人の前で開けたい派なんですね。お店で品評会になりました。

OGGIについて

oggiって百貨店に入っているからみんな知ってはいるだろうけど、本店が目黒川沿いにあることを知ってる人は比較的少ないと思います。私が若い頃バイトで行っていた目黒雅叙園の近所です。大学のころの同級生がその向かいに住んでいるので、最近通ったばかりです。

▼oggiの歴史について

www.cucina-oggi.com

盆と正月と誕生日とクリスマスがやってきました。

結構知られていないoggiの歴史。歴史について上野さんが知っているかどうかは別として目黒本店の位置はご存知でした。上野さん、恐るべし。

ご飯

普通。高い。ご馳走してもらっておいてこのセリフ。でも、多分上野さんも同じことを思ったと思います。でも、コスパが唯一いいと思ったのが、フォアグラの串焼き。

f:id:halynsmak:20170408111118j:image

この値段で食べやすいというのが私の中ではありえません。挙句、ホンモノ?という最低最悪な疑いをかけました。味の良し悪しは、置いといて正直、めちゃくちゃお金を使わせてしまったと思います。そっちの方が申し訳ない。一番美味しかったのは贅沢かとは思いますがフォアグラの串焼きでした。

食後ですが、どこかでお茶でもご馳走させてください

この焼き鳥屋さん、ご馳走いただきました。少し金額がかさんでしまったのと食べきれずに残してしまったこともあり、少し負担させてくれないかとお願いしたところ、これこれこういう理由なのでお支払いは大丈夫と言っていただきました。

それでは、私の気がすみませんし、どうかお茶くらいは私にださせてくださいとお願いをしました。いえいえ大丈夫ですという上野さん。とりあえず、あとでこの辺りは考えるか。

上野さんのチョイス 小田急センチュリーサザンタワー

関係ないけど、レストランによって食事とデザートのお部屋が別のお店があると思いますが今回がそんな感じ。焼き鳥屋さんで焼き鳥食べてデザートは違うお店で。そんな感じです。

上野さんはシャンパンを頼んでらっしゃいました。私、カフェモカ。私にシャンパンの良し悪しはわかりませんが、綺麗な泡ですね。高いんだかやすいんだかわからないけど。一口飲んでみてはいかがですか?と言われて飲んでみましたが、明らかに焼き鳥屋さんでいただいたシャンパンと味とシュワシュワしている泡?が違います。

上野さん:「こちらは本物ですから」

本物と偽物があるの?あっそう。とにかく私が支払いますから。

f:id:halynsmak:20170408015959j:image

そんな中、私が支払いをあきらめた一言がでてきました。

上野さん:「私が恥をかきますので。」

こういうセリフがあったのか・・・。心の中では、私だってここまでご馳走いただいてお土産までいただいて、かなり恥をかいてしまってるよ。

しかし、そのように言われてはぐうの音もでません。ぐうの音がでないという経験は私のキャラクター上、なかなかあり得ません。私もこんなセリフを言ってみたいと思います。あとは私が一方的にオスマントルコが、あーでもないこーでもない暑苦しく話していました。それを笑顔で聞く上野さん。すみません、私話し始めると止まらないんです。

上野さんについてびっくりしたことが多かった

自分の興味があることに対して非常に知識が豊富です。あと、とてもホスピタリティを大事にする人だと思います。新宿という落ち着いてお茶をする場所が駅近にないところ、小田急のラウンジをチョイスするあたり驚きました。私はそのホテルは中華と和食と宿泊で利用したことがあるのですが、嫌味がなくとてもよいホテルだと思います。

とりあえず、ホテルのラウンジでお茶って思えるのは大人の対応だと思いました。駅近であそこ選べるのってとにかく品があると思います。

とかいって、結局2人でたどり着いた話、ドトールでも、コンビニのコーヒー(最近は美味しい)でも、とどのつまり一緒だよね! 人ありきです。 もともと私はスタバにでも行こうぜ!とか思ってましたし。ご馳走させてくださいといいながら、自分のお財布に優しい場所を選ぼうとしました。

さてさて、ほうれい線についてご指導いただいた

初めてです。私が作り笑いで過ごしていることを暗に指摘されたのは。私、あまり本気で笑わないんですね。気を遣ったことはいいますが、笑うことがとても苦手です。なのであえて作り笑いでごまかしてきましたが、 上野さんにさっくり、指摘されました。で、上野さんがいうにはほうれい線というのは2パターンあるそうです。下向きなのと上向きなのと?

1.はいいやつ。歳をとっても若々しくみえるそうです。

2.はダメなやつ(私)。より老けてみえるのだそうです。

絵が描けないので説明がしづらいのですが、1は、ハの字のハネの部分が上に向かってるほうで、2は下に向かってしまっている感じ。

ハルさんの存在を知っている上野さんは「ハルさんへの影響もあるので、よかったら意識してみてはどうでしょう」と指摘をしてくれました。朝起きてから、言われたとおりにやってみたけどこれって結構難しくて取得には時間がかかるなと思います。

で、さっそくやってしまった忘れ物

私の忘れ物は果てしなく続きます。今回はいただいたお土産を店に忘れるという失態をおかしてしまいました。翌日、新宿に用事があるのでその時に取りに伺おうと思ったら、上野さんからご連絡「お店から連絡があり、手元にありまーす」。普通の人はここでなんてやつ(私)だ!と切れるところです。それを丁寧にご連絡くださって本当に嬉しかったです。

今月中に今度は私がどこかでご馳走しよう(お金ないからランク下がるけど)と思います。というかいただいたお土産を受け取りにいくというなんとも恥ずかしいお話です。

もう店は決めました。私の中で一押しのお店です(庶民向け)。

ちょうど一週間前、とても嫌なことがあり土日の予定を全キャンセルして引きこもっていましたがこの週末は、そんなおもてなしを受けてとてもいい週末を迎えることができます。

私は金曜日の夜しか出かけることはできないのですが、これからは大事な週末大切に使おう!と思いました。

そしてハルパパのお誕生日!

ちなみにその金曜日の夜はハルパパさんの誕生日イブだったので、電車から帰ったあとにさっそくハルパパさんに電話をして、その前にあったとても嫌だったこととその日にあった楽しかったこと、両方の話をしました。今月の養育費の支払いが10日遅れたということでハルパパさんから「ごめんね」LINEがあったので、ありがとうと連絡もしたかったのです。本当は養育費の支払いは月末なんだけど、毎回5日に支払うハルパパ。そもそも遅れてるんだよ!と怒った時期もありましたが、今はありがとうということにしています。私が安い給与で仕事をすることができるのもハルパパの後ろ盾あってのことです。本当に感謝しています。

私:「(養育費)ありがとう〜」

ハルパパ:「義務だし」

私:「その調子で末長く馬車馬のように働いてください。どーぞよろしく~。」

ハルパパ:「・・・・・(怒)」

翌朝早いからもうオレは寝るんだー!!!

というハルパパに30分ほど、話を聞いてもらいました。珍しく12時きっかりにおめでとうを言ってみるかと電話をしたんだけど、私の愚痴が始まるというお約束があったり、そのあと上野さんにこんなものをいただいたんだよと早速報告したりです。

私:「ってわけで、誕生日おめでとうございました」

ハルパパ:「0時なのに、マシタ(過去形)はないだろう」

まぁそんな会話をしました。

ハルパパとは結婚して2年で離婚するというスピード離婚だったけど、今では家族以上の存在です。ハルパパと付き合いたいものです(私との再婚は嫌がられている・・・)。最近は、ハルパパと再婚したいなぁと思うくらいです。

とてもいい金曜日でした

だけど、お土産やプレゼントについてはいっておきたいことがある

いただいておいて、とんでもない話ですがプレゼントは究極の自己満足です。

あげた人もらった人がどう思うかです。そして私はプレゼントをあげるときとっても楽しいです。プレゼントをいただくときはとっても嬉しいです。それがチロルチョコでもガーナチョコレートでもピエールマルコリーニでも、嬉しいという思いを感じるのは、思うのは、決めるのは、あげた本人ともらった本人です。

私はやはり今回も選んでくれたという気持ちがとても嬉しかったです。

前にお土産って相手を思って何かを選ぶ行為が素敵だと思うといった内容の話をしたのですが、そういうこと(どういうこと?)です。当事者以外はすっこんでろという話です。

たまに誰が誰に何をあげたかどうかで当人以外がああでもないこうでもないと陰口をたたいているのを聞きます。私はそうした話をきくとバカだな~って思います。喜ばなかったからと言って腹を立てる人とかも意味がわかりません。あくまでもあげる側の自己満足だからね。喜ぶことを期待して贈るものなんだけど、期待通りでなかった場合に、相手をせめる人を私は好みません。

ちなみに、上野さんはそうした人ではなくって本当に相手にうれしいと思ってもらえるのがうれしいという人でした。きっと喜ぶ笑顔がみたいという理由以外に、他にプレゼントを贈る理由はないのだと私は思っています。私はとても喜びました。

ポジティブシンキング

上野さんにも、

  • 嫌なことがあったら、次はいいことがある
  • いいことがあったら、いいことがいいことを引き寄せてくれる

そんなことを言われました。本当に嫌なことがあったけど、そのぶんいいことがありました。

やっぱり、食事や会話は相手次第。私も相手にそのように思ってもらえるようになりたいなぁと思います。一言でいうなら百聞は一見にしかずだなと思いました。少なくていいので、優しい人たちとだけ仲良くしていきたいと思いました。私の性格が悪いので、優しい人に浄化されたいというずるい考えです。そういうみんなで旅行に行きたい!そんなことをひそかに考えています。

上野さん・ハルパパありがとう。

追伸:お土産さんたちごめんなさい・・・。