40歳からのブログ SWの日常

ソーシャルワーカー備忘録。いわゆる雑記。

水曜の朝 初めてのシンガポール AirChina 中国国際航空 (最終回)

初めてシンガポールに行くことにしました。エアチャイナのビジネスクラスでシンガポールに行ってしました。

いきなりシンガポールに行くことにした理由

SFC*1を取るためのPP*2があと10,000PPほど足りません。

あまりリサーチをせずにそのチャレンジを開始してしまった私は効率よくポイントを貯めることができません。とにかく安く済ませたいということで、成田ー那覇の行き来だけ単純に繰り返しました。

しかし、途中それを国内だけでポイントを貯めることにウンザリしてしまったのです。

そんなとき私は、ツイッターで「エアチャイナは安い」らしいという噂を小耳にはさみました。

90,000円以内でビジネスクラスに乗れる。

中国という言葉に違和感を覚えていた私は大丈夫?と思ったりしていました。しかし、本当にお金はかけたくない。ということで、チャレンジしたエアチャイナでのポイント集めです。

成田ー那覇の往復は、親戚宅が那覇にあるので宿泊代も食事代もかかりません。しかし、海外となるとホテル代など諸費用がかかってしまいます。あと観光もしたいという気持ちも抑えきれません。

そんな気持ちでいたところ、エアチャイナのホームページを検索していたら、シンガポール往復が9万円を切る価格で売られていたのです。

とりあえず、航空券を買ってしまえばあとはなんとかなるだろうと何も調べずに購入だけしてしまった次第です。そんなこんなでシンガポールの旅は始まりました。

私というスペック

  • 英語は話せない(中学英語なら聞くことはなんとなくできる(しかし早口に言われてしまうと、「モアスローリー」と言い始める)。
  • 飛行機の乗り継ぎで飛行機に乗り過ごしたことがある。
  • よくものをなくす(スマホに関してはすでに10回以上は紛失している)。
  • 年齢は40代半ばだけど中身は60代前半。
  • でも、基本人間はそうそう死なないという変な自信は持っている。
  • お金はない。

あんなことこんなことがあり、シンガポールに向かい戻ってきています。帰りのシンガポールから北京の飛行機内では爆睡しました。

北京についたよ

帰りは結構、余裕がありました。何故なら行きでやるべき失敗はすべてやりつくしたからです。飛行機に乗れないかもしれないと思ったことが一番の恐怖でした。

www.makuharu.com

それに引き換え余裕の北京

f:id:halynsmak:20170217145614j:plain

朝いちでついた便なので人もいません。

f:id:halynsmak:20170217145608j:plain

北京空港での乗り継ぎについて

北京での滞在時間は3時間。そんな短時間でどこかに行こうとは思わず、お行儀よくラウンジに向かいます。

人の波についていけば大丈夫。でも、やっぱり手荷物は混んでいて、少し乗り遅れるかもしれないと思いました。

でも、もし時間的にまずいと思ったら、空港の人のチケットを見せて「まずい!もう時間がない!ぎゃー!(日本語で騒いでも気持ちは伝わります)」と大騒ぎをするとたいていなんとかなるようです。私もやってみましたが、私の場合時間はあるようで「ダメ」と言われました。でも、となりの男性は本当に時間がなかったみたいで、速攻通してもらえていました。

3時間あれば乗り換えは大丈夫かもしれませんが、私より内向的な人は5時間みたほうがいいと思います。私、主観。

f:id:halynsmak:20170217145610j:plain

前回、航空券を落としたであろうエアチャイナのラウンジにつきました。果物がうまい!本当にうまい!ご飯は食べずにひたすら果物を食べまくります。

前回は結構文句ダラダラ▼。

www.makuharu.com

f:id:halynsmak:20170217145611j:plain

果物だけおかわりしまくっていました。

前回の経験から、ラウンジから飛行機乗り場まで歩いて私の足だと20分かかることを学んだので早めにラウンジを出ます。

飛行機に乗る

f:id:halynsmak:20170217145612j:plain

おや?バスには乗らないの?

f:id:halynsmak:20170217145613j:plain

今回は沖止め*3ではないのかな?

みなさん、沖止め(飛行機までバスで向かうヤツ)が珍しいと思っている様子ですが、貧乏僧である私は沖止め以外あまり経験がありません。普通に空港から飛行機に乗れました。

飛行機の中

すぐにメニューを手渡されました。乗り過ごしそうにならなければこういう扱いがまっています(多分、普通のこと)。

f:id:halynsmak:20170217145918j:plain

あれ?飛行機がビジネスクラス。

f:id:halynsmak:20170217145917j:plain

行きは羽田ー北京の間は多分プレミアムエコノミーでした。だから帰りの飛行機も北京ー羽田の間も同じだと思っていましたが、なんでだかビジネスクラスでした。もともとそういうものなのかな。よくわかりませんが、感謝して座らせていただきます。行きと違ってきれいです。

 

メニュー

私は絶対におかゆを食べるんだ!と決めていました。結構おいしかったからです。

f:id:halynsmak:20170217145919j:plain

お茶

f:id:halynsmak:20170217145920j:plain

f:id:halynsmak:20170217145921j:plain

あ、北京が離れていく・・・とか思って写真をパチャリ。

f:id:halynsmak:20170217145922j:plain

やはりスモッグがひどかったのですが、行きよりその日は明るかったと思います。

f:id:halynsmak:20170217145923j:plain

ご飯がきたよ

f:id:halynsmak:20170217145924j:plain

絶対に美味しいと思うのはおかゆと果物(リンゴを除く)。

f:id:halynsmak:20170217145925j:plain

ちなみに点心は皮が乾いていて固いです。なので、お箸で砕くのも大変でした。私ははしたないかなと思いつつ一旦、歯で切り込みを入れて、中身だけ食べてみました。中身は美味しかったです。あとなぜかコーヤーの漬物的なものがあってそれは美味しかったです。ゴーヤー嫌いの私でも美味しくいただけました。

食事について

飛行機の食事がまずいからエアチャイナ嫌われてしまうのかもしれないけど、そもそもエアチャイナは飛行機代が安いんです。だからご飯はまずくて当たり前だし、機材が古くても致し方ないと思います。でも、お酒はまずくしようがないので、お酒好きな人には絶対にいいと思います。

f:id:halynsmak:20170217145926j:plain

結構しっかり寝たのでご機嫌に飛行機時間を楽しむことができました。

富士山が見えたときは、本当にうれしかったです。

やっと終わったシンガポール日記

なんだか、もう書いてる自分が飽きるというすごい経験をしました。最後はちゃんと締めくくるのが普通なのだと思いますが、とりあえず、この話が終わったとほっとしました。やっとマルタ旅行のまとめにとりかかれるというものです。だったら書かなきゃいいじゃんかと思った人は正解です。でも、記録だからできる限り正確に覚えていることを書いていきたいと思います。

エアチャイナについて

私は調べ物が下手で、ブロガーさんたちの体験記を読まないでエアチャイナにのってしまいました。でも、エアチャイナはあーでもないこーでもないと悪く言う人は乗らなければいいと思います。

私は、エアチャイナは機体が古い、料理が残念、ホスピタリティは私好みではないと思いました。でも、こんな低価格で私をシンガポールまでフルフラットで連れて行ってくれたわけです。しかも観光もできたし。全然OKです。

帰りは寝るだけだったし、一人だったから問題ありません。楽しかったです。

搭乗券さえなくさなければ誰でも安心往復できると思います。

終わりに

ご心配くださったりいろいろつっこんでくれた人、とくに私が北京で死にかけたときに心配してくれた人に感謝です。自分で書いてて、こんな日記を参考にしてくれる人はいないかもしれないとは思うけど、私のようなスペックの人間でもエアチャイナで旅行はできるという証明にはなったと思います。

軽くシリーズ化しているのでそのまとめ(これで16つめ)

初めてのシンガポール旅行記です。英語も話せない私が今回の1〜2日で体験した全てです。

www.makuharu.com

www.makuharu.com

www.makuharu.com

www.makuharu.com

www.makuharu.com 

www.makuharu.com 

www.makuharu.com

www.makuharu.com

www.makuharu.com

www.makuharu.com

www.makuharu.com

www.makuharu.com

www.makuharu.com

www.makuharu.com 

www.makuharu.com

これらを全部まとめたいです。

*1:ANAのスーパーフライヤーズカード

*2:SFC取得のためのポイントの単位

*3:空港の搭乗口、港の岸壁から離れた所に航空機や船舶を停泊させること。搭乗・上陸にはバスや小型船を使う。-コトバンクより引用