読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

40歳からのブログ SWの日常

40歳から始めたソーシャルワーカー備忘録。いわゆる雑記。

私がリモワを好きな理由(わけ) アラフォーでも心は乙女

今日飛行機にのった時、初めてスーツケースにプライオリティタグ*1がつきました。

f:id:halynsmak:20170506211029j:image

もちろん、エコノミー搭乗でした。でも、ちょっと嬉しいなと思ったのでした。私の旅の相棒はリモワというメーカーのサルサエアーです。基本、可能な限り機内持ち込みをしたい私はこいつとともにどこにでも行きます。ネイビーのスーツケースにちょこっとついたオレンジがかわいくて、私がリモワを好きな理由について書いてみたいと思いました。

私はもともと海外旅行にはいかない派でした

できたら、休みは引きこもりたいので旅行に行くくらいなら都内のホテルステイを選ぶタイプでした。なのであまりスーツケースにこだわりも何もありませんでした。ただ、特典航空券で旅をするようになってからは海外のほうが同じマイルを使うにしても得だなと思って海外旅行をするようになりました。そんなころ先生(仮名)と付き合うようになって、より、旅に出る機会が増えました。スーツケースが壊れている・・・どうするかなあ。

先生の持っていたスーツケース

何度か写真が送られてきました。スーツケースを買うたびに送られてくるのです。いくつ買ったら気がすむんだよ!今思うと買ったのが嬉しくて送ってきてたんですね。私は何も知らず、どれだけスーツケースが好きなんだこの人と思いました。

www.rimowa.com

でも、何度もみていると私まで愛着が湧いてくるようになりました。

本人にこれはどこに売っているのか聞いたら、ネットで買っているとのこと。わかんないよー。画像からなんとかメーカー名を割り出しました。Rimowaってなんだろう。とりあえず、私がよくいくデパートにRimowaが入っているのでまずは行ってみました。

綺麗なお店

f:id:halynsmak:20170507113314j:image

うわーこれは綺麗なお店だなぁ。いきなり旅に出たくなる感覚。確実にRimowaの戦略にドハマりする私。でも、となりにはサムソナイトなど他にも多くのスーツケースが売っています。すでにスーツケースを買うモードになっていた私は、スーツケース売り場で悩み始めます。できたら、スーツケースは軽いヤツがいい。足回りが滑らかであればなお良し。色も選びたい。そこで半日は悩んだと思います。大きさはもちろん機内持ち込み。サルサエアーに絞り込まれてはいたのですが、この取っ手の部分、T字なんですよね。荷物を乗っけてスーツケースを引っ張れない。かなりバランスよく引っ張らないとT字なので荷物が落ちます。

それですごく悩んだのですが、軽い。片手で持てる。

すごく悩んだ結果、サルサエアーに決めました。色はすんごく悩んだあげく、ネイビーです。そしてそのあと値段をみて愕然としました。

買えないかも。

でも、もう好きになってしまったし、かと言ってネットやオークションでは絶対に買いたくありません。どんなこだわりだかわからないのですが、ビンテージならいいのだけど、Rimowaって中古で買うものではない気がしたのです。自分の旅の足跡を残していくもののような気がしました。

なので、清水の舞台から飛び降りる気持ちで正規店で購入しました。購入後の私の節約ぶりは半端ありませんでした。お金持ちが購入するものを買ってしまいました。痛々しい。

www.rimowa.com

結局、リモワを好きな理由は?

先生がRimowa好きだったからです。好きな人の好きなものはなんでも好きです。きっと先生がサムソナイトを好きだったらサムソナイトを好きになっていたのでしょう。先生はRimowa in Rimowaな人ではなく、Rimowa on Rimowaな人でした。私はそんなに買うことはないし経済的に無理です。でも、そんな理由で私はリモワを好きになりました。

結局、リモワを好きになったきっかけみたいな感じになりましたが、それ以来は使い心地やデザインも好きです。その後普通のサルサ87Lのブラックを買い、その2つでだいたい事足りています。私はトパーズは買えないし買わないと思います。憧れでとどめたい・・・。

でも、いつかハルさんがスーツケースを買う年齢になったら、Rimowaのトパーズあたりを選んでくれたらいいなと思います。そのためにすっごい仕事してがんばって買ってそれが嬉しくてベコベコになるまで使い倒して修理して使い倒してを繰り返す男性になってくれたらなぁなんて思います。

ママはそこまでにはなれないよ。

ベッコベコに使い倒せるかっこいいスーツケースなんだろうなって最近思うようになりました。私がリモワを好きな理由でした。

追記:リモワ好きな人、私好きなんでしょうね。