読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

40歳からのブログ SWの日常

40歳から始めたソーシャルワーカー備忘録。いわゆる雑記。

初めてのテキヤ体験記 那覇ハーリーの花火大会

今週のお題「ゴールデンウィーク2017」

一番の苦しい思い出より一番楽しい思い出を書いてみようと思います。

沖縄ではGW、那覇ハーリーというイベントやっています。

沖縄の観光イベントの一つが那覇ハーリーらしい

私は1泊2日(実際は2泊3日になりました)で沖縄にやってきました。

親戚には4日の昼過ぎに那覇に行くよと言ってあって当日にLineで連絡しました。飛行機から降りるとかなり暑いです。空港で疲れてしまってぐったりです。

私:「今、那覇」

叔父:「今、やんばる」

そんな感じで松山で待ち合わせをしました。

もう沖縄の暑さ、空港にてやられてしまって1時間動けずにいました。お金は使いたくないと思っていましたが、致し方なくタクシーで松山まで行きました。

叔父:「ハーリーいくか?」

私:「なにそれ」

叔父:「おまえ知らんのか!」

私:「どこそれ」

沖縄でおこなわれるハーリー行事の中でも「那覇ハーリー」は最大規模。沖縄の各地域で行われるハーリー競漕は、一般には旧暦の5月4日(ユッカヌヒー)に行われますが、那覇ハーリーは観光客にも見てもらいたいという意図もあり、ゴールデンウィークと重なる新暦の5月3日~5月5日の間に行われております。初日は那覇市内の中学生による学校対抗戦と一部の職域対抗戦がおこなわれ、中日には「ハーリー一般体験乗船」が、そして最終日には職域対抗戦のほか御願バーリーと本バーリーをおこなわれます。引用元:WEBサイトハーリー行事の中でも最大規模の「那覇ハーリー」

私としてはハーリーを観てみたいのですが、沖縄の人たちはこの暑いさなかわざわざハーリーを観に行く人はいません。

話を聞くとハーリーは3日間。

1日目は学生のハーリー、2日目は職業団体、3日目がハーリーの競技。なので本格的なハーリーを観たいのであれば3日目の朝に行くことをお勧めします。

したがって、ハーリーの花火を観に行くことになりました。

花火を観に行くために会場に向かう

2人でちんたら松山から泊高橋まで歩きました。結構、距離があるので内地の人はタクシーを使ったりもするようです。

埠頭で行う祭りなので広さはないのですが、小さな遊戯もあってそこそこ活気があります。

私は埠頭で写真を撮っていました。

f:id:halynsmak:20170507155533j:image

こんな感じの夕焼け。

f:id:halynsmak:20170507155602j:image

叔父の知人がお店を出しているというので、行ってみました。するとそのお店はテキヤさんでした。

f:id:halynsmak:20170507155635j:image

▲ダーツ失敗したのにマクスをくれというチャンくん

f:id:halynsmak:20170507155756j:image

叔父にきいたところによると、テキヤさんはイメージとしては旅芸人のように巡業を繰り返して各地を転々とするのだそうです。沖縄の大きなお祭りには必ず参加するので、だいたいは離島か本島(沖縄)にいるようです。なんかサーカスみたい。

f:id:halynsmak:20170507160255j:image

社長の奥様が中国人で、子供たちはみんな中国語と日本語が話せます。小学生でも労働させてお金を稼ぐことの大変さを学ばせているようです。社長とその妻、子供たち、兄弟、総勢6名のファミリーです。

社長:「やったら?」

f:id:halynsmak:20170507155951j:image

初めてダーツ投げ放題、おさなか釣り放題、鉄砲撃ち放題を経験しました。景品はいらないといったのですが、山盛りくれました・・・。ちなみにゲームソフトなどは当たりません、絶対に。山盛りの景品を持ち歩くのも大変なことです。

初めてのテキヤ体験

20:40から行われる花火が一番見やすい位置にそのテキヤさんは位置しているようです。

しかしその間どうする?

叔父:「ま~く~、やってみるか?」

今度はテキヤ体験です。私は親にたいそう厳しく育てられたのでお祭りでもあまりこうしたゲームはさせてもらえませんでした。そんな私が40過ぎてテキヤ体験です。大きな声で呼び込みもできません。あと、かっこがひとり浮いています(おばちゃん的に)。社長の息子小学6年生になる男の子ジユウくんはとってもかわいいです。バイリンガルです。

お客さんの呼び込み方や鉄砲にいれる弾の仕込み方や片づけ方、景品の渡し方などなどいっぱい教えてもらいました。

ジユウくん:「ちゃんと水分補給してますか?飲み物ありますか?」

▼ジユウくんがくれました

f:id:halynsmak:20170507160010j:image

なんて優しい・・・。脱水を心配してくれているようです。合間合間に糖分補給。チョコレートをくれました。

ジユウくん:「花火だけど、あれ、【君の名は】が流れるんだよ。それでヒューンって花火が飛ぶんだよ(先にネタバレ)」

私:「あれ、みた?」

ジユウ君:「みたみた!DVDで」

私:(え?発売されてたっけ?)

2人であのシーンを思い浮かべて、騒ぎます。

そして花火の時間

ジユウ君:「そろそろだよ!」

いきなり、音楽が流れました。

そして、流れ星のように花火があがりました。

BGMは「前前前世」

です。

f:id:halynsmak:20170507160442j:image

(うわ~キレー)

最近、自転車通勤をしながら聞いている「スパークル」を思い出しました。

映画のシーンとともに・・・。

ジユウ君と2人で花火を観ました。

途中、私は動画をとってみました。

写真はあまり上手にとれませんでした。

音楽のあと、あと2回違う音楽とともに花火があがりました。最後はボレロとともに花火はクライマックスを迎えました。

小学6年生と一緒に花火を観ました。

なんか気分は高校生のようでした。

素敵な那覇の夜をありがとう。

追伸:それに似ているのがエイサー 

私は、エイサーは結構好きで若いころよく観に行きました。全ての男性がイケメンにみえるという魔法の時間です。若いころ数年那覇に住んでいた私は、一目ぼれを何回繰り返したことか(しかも一目ぼれで瞬間で目が覚めるパターン)。大学のころスキーに行くとスキーのうまい男性はすべてイケメンにみえてしまうアレです。

www.zentoeisa.com

エイサーはまだ先の話なので秋口に沖縄に行かれる人がいたら、のぞいてみてはどうでしょうと思います。