読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

40歳からのブログ SWの日常

40歳から始めたソーシャルワーカー備忘録。いわゆる雑記。

ハルさんが語るドラゴンボールの隠れ主人公 バーダックの魅力

ハルさんは、ドラゴンボールが大好きです。毎日毎日1時間ほどは繰り返し、ドラゴンボール42巻を読み返しています。私のことは全ムシです。

ハルさんがドラゴンボールで最強と言ってきかないバーダックについて

バーダック登場までのあらすじ
(ハルさんからの聞き取りによるものなので間違ってる可能性もあります)

まず登場は原作漫画では26巻の94・95Pのみ。その頃の悟空は結婚もして悟飯はまだ幼年期。サイヤ人(ベジータたち)がドラゴンボールを求めて地球にやってきてピッコロやヤムチャ、天津飯、餃子を殺してしまいました。悟飯とクリリンが死んだ仲間たちを生き返らせるためにドラゴンボールの本家ナメック星に行きました。ちなみに悟空は入院中だったそうです。

クリリンと悟飯(ブルマもいました)はナメック星でドラゴンボールを集め、みんなを生き返らせようとしました。しかし、最長老(この人が死んでしまうとドラゴンボールがただの石ころになるらしいです)の寿命がつきかけていたため、大人の事情でピッコロだけが生き返りました。ちなみにベジータもドラゴンボール目的でナメック星に到着していました。

生き返らせたときにもともとドラゴンボールの探していたフリーザに見つかったクリリンたち。フリーザが最終形態(一番強いヤツ)になったとき、誰もフリーザにはかないませんでした。ここで悟空が体調復帰で登場。しかし、ベジータがフリーザの手にかかり死亡。

ベジータの最後の言葉:「カカロット・・・・・(非情になれ的なことば)」

フリーザがその「カカロット」という言葉に反応し悟空の父親を思い出しました。

フリーザが惑星ベジータを滅ぼしたときに最後まで抵抗したサイヤ人と悟空が酷似していることに気付きました。それは悟空の父親バーダックのことだったのです。

バーダックが登場する場面

あまりにも登場回数が少ないので、他のメディア登場がないか尋ねました。

  • 『ドラゴンボール エピソード オブ バーダック』 (DRAGON BALL EPISODE of BARDOCK)

『Vジャンプ』(集英社)にて2011年8月号から10月号まで3号連続集中連載。また、『最強ジャンプ』2011年夏号にも第1話が再掲載された。ゲーム『ドラゴンボールヒーローズ』第5弾スペシャルボスミッションと連動した企画で、テレビスペシャル『ドラゴンボールZ たったひとりの最終決戦〜フリーザに挑んだZ戦士 孫悟空の父〜』直後のエピソードに当たり、原作およびアニメでは描かれなかったバーダックが超サイヤ人1となった経緯が描かれる。引用元:ウィキペディア

  • 銀河パトロール ジャコ*1にもでてくる。

ウィキペディアで調べたバーダック

カカロット(孫悟空)とラディッツの父に当たるサイヤ人。フリーザによって惑星ベジータと共に葬られたと思われたが、その直後、何らかの出来事によって過去の惑星プラントに飛ばされる。村で暴れるチルドの手下を倒したため感謝され、洞穴に食事と薬を持ってくるベリーと接するうち次第に穏やかになっていった。惑星プラントを征服しにきたチルドをフリーザと勘違いして挑む[6]も全く歯が立たなかったが、自身の不甲斐無さや仲間を殺したフリーザへの怒り、ベリーを傷つけられた怒りで超サイヤ人に覚醒。チルドを倒し惑星プラントの危機を救い去っていった。最後に流れるナレーションでは「これが超サイヤ人伝説の始まりになったのか、それは定かではない」と解説されている。

ハルさんにきいたバーダックの魅力

下級戦士なのに強い

そういわれているらしい。なんでも初めてスーパーサイア人になったのだとか。強い割にフリーザにやられてるよね・・・。

男としてかっこいい

惑星にタイムスリップしてきたとき、惑星がチルド軍に襲われた時チルド軍と戦う。ひとりでフリーザに戦いを挑んだあたり。そして、フリーザにやられている間にカカロット(悟空)を心配しながら死んでいったあたり。要するに無謀な父親であったということでしょうか。

未来が見える

のちに悟空とフリーザが戦う未来が見えたらしい。だからなに?って思ったんだけど。

私にはバーダックの魅力がよくわからなかった

ハルさん曰く、バーダックの魅力は口では説明できない。

ハルさんの話では、どれだけバーダックが強いか全然わかりませんでした。ハルさんはとにかくバーダックが大好きでグッズを集めているくらいです。でも、ドラゴンボール本篇ではたった2ページしか登場していないし、好きになったとしたら、「ドラゴンボール エピソード オブ バーダック」のアニメVer.をみたとしか考えられません。調べてみたら、大人は駄作であると判断していて酷評されている様子。

それをハルさんに言ったら、キャンキャン吠えられました。

以前、ハルさんは「バーダックは悟空より強い」と私に断言していたので、これを機に「実際どれくらいバーダックが強いのか?」と聞きました、

ハルさん:「簡単にいうと偏見です」

偏見って言葉であってるのでしょうか。

とにかくハルさんはバーダックが大好きだそうです。ハルさんにバーダックの魅力をきいてみたところたいした魅力は見当たらず、バーダックの魅力からバーダックの説明と、この文のタイトルを変えたほうがいいのではないかと思いました。

*1:DRAGON BALL- 放たれた運命の子供