40歳からのブログ SWの日常

ソーシャルワーカー備忘録。いわゆる雑記。

社会福祉士の給料のリアルについて 稼げる資格ではないということ

夏バテに近い状態で、なんでこの仕事やってるんだろう・・・と途方もないことを考え始めました。社会福祉士って結構知られていないし、福祉業界を目指している人だったら知ってるだろうな~という職種です。社会福祉士の給料は低いんだというお話です。

一応、国家資格です。

社会福祉士とは

社会福祉士は、同法に基づく名称独占の国家資格であり、社会福祉士の名称を用いて、専門的知識及び技術をもって、身体上若しくは精神上の障害があること又は環境上の理由により日常生活を営むのに支障がある者の福祉に関する相談に応じ、助言、指導、福祉サービスを提供する者又は医師その他の保健医療サービスを提供する者その他の関係者との連絡及び調整その他の援助を行うことを業とする者をいう。引用:厚生労働省のWEBサイトから引用

ざっくりいうこと福祉的な相談事を引き受ける仕事をする人が持っている資格(ざっくりすぎ)です。心理カウンセラーとかとは全然違います。どちらかというと動きます。

働いてる場所

私は病院でしたが、他にも以下のような場所にいます。

  • 社会福祉協議会
  • 知的障害者福祉施設や身体障害者福祉施設
  • 児童相談所
  • 母子支援施設
  • 精神障害者福祉施設
  • 地域包括支援センター
  • 有料老人ホーム
  • 特別養護老人ホーム
  • デイサービス
  • 行政(これはエリートだと私はみています)

などなど上げていったらきりがないのであとは、「社会福祉士」「求人」で調べてもらったら現在の求人がでてくるので、こんなところが多いんだなぁ~なんて思ってもらえたらいいと思います。

さて、社会福祉士の給与のリアルについて

公務員は別です。私の中ではあの人たちは福祉エリートだから普通にエライです。20代でもバンバン会議で発言していたり私が知ってる人ではあまりにエライ人になっていて肩書が長すぎてめまいが起きるという場合もあります。

国立大学や有名大学を卒業して公務員になった人はまた別だと思います。

都内計算の場合

新卒で15万円手取りでもらえたらいいんじゃないかと思います。病院でも、有名大学病院であっても普通のMSWであればさほど給与は高くありません。あくまでも年収は経験を積み上げていくものです。看護師とか持ってたら少し話が変わってきます。

積み上げていくとだいたい管理職を目指してのぼりつめていく

私が知っている社会福祉士で40代の普通のソーシャルワーカーさんで一番稼いでいるな~と思う人で年収650万円ほどだったと思います。そのかわり、死ぬほど働いています。ここ数年で人柄も変わったような気がします。

ちなみに私は・・・

今の給与を言ってしまうと、きっと私の心配をしてくれる人が増えて大変だと思うので、前々職(もっと心配されると思うけど・・・)の話です。私は年収計算だったのですが、残業代込で350万円でした。経験年数はMSW3年でした。

MSW3年の経験で年収350万円。手取りはそこから適用に計算してください。年齢はまぁいいとして、そんなもんです。だから私が22歳で大学卒業して25歳だったら、25歳で年収350万円です。どうなんだろう・・・私は正直低いと思ってます。今もそんなに変わっていませんけどね。

社会福祉士で稼ぐとしたら公務員か施設でのぼりつめるか・・・独立っていう手もある

実際に医療法人、社会福祉法人は収入が安定しているのでは?と言われますが、安定している法人は少ないと思います。私が知っている限り、介護保険施設は赤字が多いでしょうし、医療法人は今生き残りをかけた戦いを強いられているのでつぶれはしないでしょうけど不安定だと思います。赤字を出さない病院はある意味優等生。勤続続けてもあまり昇給もしません。

病院の場合はそのまま居座って事務長という私から見ると影の院長?という座を手に入れるという手もあります。実際にみたことありますが、そうした人はとにかくソーシャルワーカーというより敏腕マネジャーみたいなそんな感じ。

独立っていうのは成年後見人でがんばるってこと

現在、この国は成年後見人のなり手が少なくって困っています。なので独立して成年後見人を始めるって手もあります。私はしません。絶対に研修とか面倒だし、とにかく大変だから。

成年後見人って何?という人はこれをよんで。

▼コレ

http://www.moj.go.jp/content/001130908.pdf

認知症、知的障害や精神障害などの理由で判断能力の不十分な方々は、不動産や預貯金などの財産を管理したり,身のまわりの世話のために介護などのサービスや施設への入所に関する契約を結んだり、遺産分割の協議をしたりする必要があっても,自分でこれらのことをするのが難しい場合があります。自分に不利益な契約であってもよく判断ができずに契約を結んでしまい、悪徳商法の被害にあうおそれもあります。このような判断能力の不十分な方々を保護し、支援するのが成年後見制度です。引用元:法務省

20名の成年後見人になったとしたら生活は成り立つだろうと思います。成年後見制度については機会があったら説明したいと思います。試験にもでるのかな。

社会福祉士の給料は高いか低いかと言ったら低いと思います

正直、稼げる資格ではないと思います。昔、ちえぶくろ的な質問で

Q:「今、30歳で社会福祉士を目指しています。ソーシャルワーカーとして就職できると思いますか」

A:「その歳でいきなり就職なんて無理です。介護職として数年経験積んで目指したほうがいいです」

なんてやりとりをみたことがあります。

いや、なれるから。私40歳でなったから。ですから、40代であってもいちからソーシャルワーカーとして仕事はできます。その代わり給与が半端なく安いです。志がないともちません。精神的にも結構ヤラレます。

目指すなら公務員だと思っています。公務員の悪口言ったら殺されると思っているので詳細は控えますが、とにかく公務員だと思います。しかも一番いいヤツ(ざっくり)。

なんで辞めないの?という周りにも言われるけど

今さら、方向転換ができないだけです(それ以上の理由はない)。あとは、自己満足ですね。普通知られていない知識が舞い込んでくるのでそれは楽しいと思います。誰かのためになりたいとかそういう思いはそんなにありませんが、面白い仕事ではあると思います。

私は性格が悪いのでこの仕事をやることで社会人としてのバランスがとれているのだと思います。このまま違う仕事してたらタダのやなヤツです。

今さらのフォロー

給与は低いのですがやりがいはあるかもしれません。今度、やりがい感じた物語でも書いてみたいと思いますが、苦労が報われた瞬間もあるのです。

私はたまに社会福祉士受験生向けの話をしますが、このブログをよんで社会福祉士に合格したという人がいたら頼むから出世して!とお願いをしています。

▼こんな感じ

www.makuharu.com

出世した人にリアルにやとってもらいたいと思ってるからです。言うのはタダだし、言い続けていようと思います。

ネットで「やりがいがある」「安定している」という情報もありますが、安定という言葉にはいささか疑問が残ります。安定と収入は別です。

そんなわけで、今後社会福祉士を目指す人には稼ぐソーシャルワーカーを目指してがんばってほしいなぁと思う次第です。私無理だから、他力本願です。よろしくお願いします。

そうそう、サービス残業が一般企業に比べるととっても多いです(この情報が一番大事かもしれない)。

追伸:ハルさんがハルパパんちに3日も遊びに行ってしまっていて本当にさみしいです。

社会福祉士関連のお話

www.makuharu.com

www.makuharu.com

www.makuharu.com

www.makuharu.com