40歳からのブログ SWの日常

ソーシャルワーカー備忘録。いわゆる雑記。

140文字だけでその人となりを理解するなんて私には無理です ツイッターでの人との交流について思ったこと

今日、イケメンな人と会いました。どこで出会ったのかすっかり忘れてしまったのですが、多分それこそツイッターで出会ったような気がします。

最近、SFC修行というものをしていてそのおかげで素敵な人と出会うきっかけが増えました。もちろん、その分嫌な思いもしましたが今ではいい思い出です。

www.makuharu.com

やってよかったSFC。

日常では出会えない人たちと出会うことが出来て、私のちっぽけな人生に彩を与えてくれたと感謝しています。

その素敵な人はスーパーポジティブな人でなんでも笑いに変えてしまう能力を持っていました。「ゴムゴムの実」とか「メラメラの実」とかあるならその人は「ポジポジの実」の能力者かもしれません。

結局、ポジポジの実の能力をもつ彼とツイッターで出会ったのかな?

ツイッターの話になりました。

f:id:halynsmak:20161214134616j:plain

そもそもツイッターだけで自分のことを理解してもらえるのか そして相手のことを理解することできるのか?

私がツイッターだけで相互理解は無理と思ってる理由

私は時間をかけても無理だと思います。ツイッターは楽しい出来事を共有するべしとある人にいわれたこともあって、あまり自分の意見をいうことはできません。

仕事で疲れてるのにツイッターで気を遣うのは嫌だし、言いたいことも気軽に言えないツイッターより、ブログのほうが私にとっては楽しく感じます。

140文字しか余裕はないので、人となりまでその中で理解なんてやっぱり無理。自分で自分の気持ちを発信しきれていないのに、相手のことなんて理解できません。

ただ、つらい・・・とか悲しい・・・とかそういう気持ちには寄り添うことはできます。

しかし、それ以外の攻撃系のツイートにはどう反応していいかわかりません。なんせ、ツイッターは相手の返事がなければ会話不成立ですし、ブロックされてしまったらもう関係修復不可能です。誰にブロックされてもいいんですけど仲良いと思ってた人に完全拒絶されたら誰でもつらいですよね。

そこででたネガカレの話

今日、彼と共通の知り合いの話がでました。

私はその人のことが苦手であまりかかわらないようにしていました。最近、ポジポジの実のカレ(以下、ポジカレ)と私が苦手とするカレ(ネガティブなカレだから以下ネガカレ)が食事に行ったのだそうです。その食事のときの話を聞いてみるとネガカレは結構な性格イケメンだというのです。もともとポジカレの性格が良すぎてポジカレがネガカレをいいように解釈して私に話をしているのかと思いましたがそうでもなさそうです。

私もハルさんにスーパーネガディブだと言われるのですが、ネガカレは私以上にネガティブな感じがしたし正直、なるべくそのネガカレとは関わらないでフェードアウトしてしまおうと思っていたのでした。これ以上、ネガティブになってたまるものかという感じです。

でも、私が信頼するポジカレは言うのです。

ポジカレ:「彼は純粋なだけで悪いヤツじゃない」

純粋なゆえに曲がったことが許せず、ツイッターでさえ思ったことを相手に言ってしまうというのがポジカレの言い分です。なるほど、そういう見方もあるか。

ツイッターで楽しく会話する分にはいいのだけど、さらに踏み込んだ関係性を作ろうと思ったら、その人と会って話をするしかないと思う

ポジカレとはツイッターでそれぞれが出会った人やブログの話をしたのですが、やっぱり会ってみないと人となりまではわからないと思いました。

それは、逆に会ったことがない人をそこまで嫌ったり悪く言ったりする必要性もないということです。たまに、フォロワーさんの悪口をさりげなくツイッター上で言っている人たちをみかけますがきっとまだその人と会ったこともないのだろうな~と思います。ちなみに私は、さりげなく悪口を言われたことがあるのですが正直気分のいいものではありません。

また、ツイッターで140文字以上の関係性を構築したいのであれば、実際にその人と会うのが一番の近道です。140文字で毎日交流できていればその関係性が築けるかもしれませんが、それって結構無理だと思うんですよね。私、仕事してますし。相手も仕事してるでしょうし。みんなそんな時間ないと思います。

あと、単純にその時間有って近所に住んでいるんだったら会って話をしたほうが早いとも思いますしね。

基本的に私はわざわざ自分を好きでもない人と会う暇はないと思っていましたが、ポジカレのおかげで、もっと人と会って人を好きになりたいと思いました。

ネガカレと会う機会があるかどうかは不明ですが、出会った人を140字だけで判断しないようにしたいと思いました。