40歳からのブログ SWの日常

ソーシャルワーカー備忘録。いわゆる雑記。

ブラックだよね MSWの日常

先日、私の唯一のMSW仲間のHさんとご飯に行った。

今まで4年のMSW人生で初めての仕事のことを共通言語で話せる唯一の知人。私が勝手に知人とか仲間とか思ってたら恥ずかしい。

彼女のいる病院は昔ながらの病院のMSWの集まりでは評判が悪い。

しかしながら、MSWへの教育にお金をかけているし、私から見るとハードだけど勉強会の費用も負担してくれるし福利厚生に力を入れている羨ましい病院なのだ。

しかし、私が流浪したり、その最中で見た求人を見る限り、病院って最高にブラックだよね…。と思うのだ。 だいたい就業規則で動かず、主任規則で物事が動く。残業代をもらう時点で気をつかう。

この患者さんはうちで受けないほうがいいとおもうがベッドがうまらないので引き取っちゃう。そのくせ退院支援は非常に緩い。朝は新人が一番に出勤し掃除をする。掃除屋さん雇わなくてよくない? 電気ポットのお湯を捨てて帰れ。使ってるのは1人だけ。 Hさんにそんなことをぼやいたら、 あの病院毎度求人広告でてたもんね〜 あ、そうなの? 確かにMSWの求人広告は出してるところは本当に同じところが多い。かと言って大手のMSWが素晴らしいか。それは否。 私がとっても迷惑かけられてその実態を知っているから。

もちろん、すごくしっかりしてるMSWもいっぱいいる。

ただ…やっぱり、残業代でない、小間使業務(病院ではなく上司の)が多すぎる、福利厚生がぜんぜんなっていない。そしてMSWそのものの回転率の速さ。一年定着しない病院は確実にブラックだと思っている。あと、給与が低すぎる。たぶん、男性は事務長めざなさいと家族はもてない。 などなど。 ブラック企業がどーたらって記事をみると、病院なんてブラック法人が大多数じゃないの?と思ってしまう。 穏やかな日々はどこにあるんだろう…。 でも、こうしてHさんとも知り合えたし悪いことばかりではない。