40歳からのブログ SWの日常

ソーシャルワーカー備忘録。いわゆる雑記。

少しディスった 今どき、医療保険と介護保険の通所リハビリの違いもしらないMSWっているの?

バカ?

そう、それが先日の私の職場での一言だ。みんなが固まった。何故なら、職場での一番入職が遅く後輩である私の評判は、至って普通。そして温厚。優しい。楽しい。実際、先輩にこんなこと言ったら失礼だと思うけど、ホント、見る目ないよなって思う。しかし、そんな勘違いはありがたいことだし、悪い評判よりよい評判のほうが損がないと思っているのでその評判を「そんなことないですから・・・」と小さな微笑みでしれっと頂いたままにしていた。

しかし、たまにボロがでる。

それが、MSW*1の失態や態度のデカさにぶち当たった時だ。

先日、退院前には在宅診療につなげたいというオーダーがとある回復期リハビリテーション病院のMSWから入った。いきなりその人の名前をいうMSW(以下、田中さん)。この田中さん、女性で若いのは声でわかる。そして少し調子に乗っていることもわかる。相談業務をやっているとだいたい声のトーンで感じ取れたりするものだ。頭のいいMSWは基本相談業務はシタテシタテにでてくるもの。

田中さん:「介護保険は要介護4です。入浴用品を介護保険で利用したいとご要望です。ケアマネもそちらで選んでください。」

私;「・・・・・・・大変、失礼ですが介護保険保険サービスそのもののご利用意向はいかがでしょうか・・・・」

大変申し訳なさそうに聞いた。

田中さん:「もちろん!通所リハビリをご希望ですから。」

私:「介護保険で、ですか?」

田中さん:「本人の強いご希望なんです!(ちょっとキレかけ)」

私:「かしこまりました。一旦、院内で調整させて頂いて早めのご連絡をさせていただきたいとは思いますが、ご迷惑でなければ、ご家族様のご希望を直接聞けたらと思いますからお時間ある時にでも当院にご連絡いただけますようお伝え願えませんか?」

田中さん:「はっきり申し上げますけど、退院日は12月1日ですから、11月には自宅に訪問して住宅改修などもして欲しいですよね。」

私:「かしこまりました。それを踏まえて田中さまにご迷惑のかからないようにご報告いたします。一旦、電話を切ってから折り返しいたしますので、引き続きよろしくお願い致します。」

退院してくる患者さんの情報

高橋はじめさん・男性・60歳。妻子あり。4人の暮らしの世帯主。

今年の7月30日に脳梗塞にて東京国際大学付属病院に救急搬送。東京西リハビリテーション病院に転院。日常生活動作ほぼ自立。歩行は4点杖で見守り。現状の回復を考えると次回の介護見直し時には要支援状態になるかどうか。

私のバカか発言ポイント

本人がまだ現役であること(保険証に会社名が記載されてる)

要するに職場への現役復帰を希望している可能性が高いので、傷病手当など復職に向けての支援情報を一切話さないMSW。やる気あるのか。ケアマネに直接話したいというのであれば、お前が探せ!である。

リハビリテーション病院退院後もリハビリを続けたいという意欲があるのに介護保険でのリハビリテーションを受けさせると言い切った

この人は脳梗塞を発症しているので7月30日から150〜180日間は医療保険で通所リハビリを行うことが可能。介護保険で行うリハビリテーションは限りがあり、医療保険で受けるのが定石。最低来年の2月までは医療保険でリハビリテーションを行うことができる。それなのに、介護保険でリハビリテーションを行うと言ってきかない。

要介護4が出たからと言っていきなりケアマネをつけろと言ってきたこと

福祉用具のレンタル一つでも構わないので・・・・という意味で介護保険サービス利用の意向を聞いたが、田中さん、リハビリテーションを介護保険で受けさせるつもりなのか、この状態で退院前のカンファレンスだけでなく、家屋調査(通常、障害を持った人が自宅に帰っても大丈夫なように必要な福祉用具の選定、住宅改修の検討を行う)に病院からはリハビリテーションスタッフは来ないのにケアマネに立ち合わせるのだと言ってきかない田中さん。そして、入浴用品はレンタルではなく買取です!そこからして間違い。

福祉用具の購入だけでケアマネを頼もうとすると、私のような性格の悪い人間にバカかと思われるのだ。

なんの話をしているのかわかる人は福祉の世界の人

これはもう愚痴だから、いいの。

お前はバカか!!!

まず、2号被保険者という人、高橋さんがそう。現役世代が脳梗塞で入院してきたら、MSWとして視野に入れることは

復職支援

って聞いたことない?

独り身ならまだしも、彼、妻子いるからね。私だったら会社との復職条件なども確認するね。そして引き継ぐね。介護保険はこの状態なら次の更新時は介護保険は使えない可能性が高いし、住宅改修などを行うなら病院のリハビリテーションスタッフを連れて家屋調査に行けるように手配もするべし。

ケアマネを呼びたいなら、本人にケアマネをつけることができる条件(ケアプランの発生)をしっかりと話すべき。一番、バカかと思ったのは、医療保険で入れるリハビリテーションを介護保険で行おうとしたこと。150〜180日は医療保険使えるの!病院に通ってる感じでリハビリテーションできるの!医療保険のリハビリテーションのほうが専門的なの!介護保険のリハビリテーションとは違うの!!!!そもそも高次脳機能障害あるないかで日数も変わって来るよ!

ね、わかった???

本当に腹が立ってしまって出た言葉、それが電話を切った瞬間開口一番のセリフ

バカ?

に繋がるのだ。

ぶっちゃけ、知識がないMSWはいらない。逆に迷惑だと私は思う。通所リハビリテーションだって医師の紹介状がいるし、介護保険で使うのと医療保険で使うのとでは話が違うのだ。現役世代のリハビリテーションを介護保険でわざわざ行わせるということはそうめったにあり得ないので、田中さん、基本的に制度の理解がないのだ。

リハビリテーションだけではない。

介護保険についてもど素人である。ケアプランが発生しないのに上からケアマネ探せとはどの口がいう!私の法人はケアマネ事業所も通所リハビリテーションも併設されているなんだかオールマイティな法人はだったので、私が田中さんの尻拭いをすればよいだけだとは思ったが、やっぱり、頭の悪い上に上から目線は腹が立つ。

こんなMSWにはじめて出会った感想

私は絶対、こうはなりたくない。恥ずかしい。患者の不利益を生み出すMSW。今どき、介護保険がなんたるかを知らずによくMSWが務まるものだとある意味感心した。

しかし、田中さんのおかげで「バカ?」と呟いてしまった。

そもそも私は先週から風邪をひいていて、非常に具合が悪くほとんど死んだように布団にくるまっていた。それをがんばって出勤したら、こんな電話。

あとね、私、絶対に上からMSWってよくないと思う。地べたを這うくらいバカ丁寧でいるに越したことはないのだ。そして、患者・家族の不利益は絶対にうんではいけない。そのためには、日々勉強。そしてわからないことについては質問をする。たいてい、相手が怪訝そうな声で質問してきていたら、あなた間違ってますから!

その場合の一言を書いておく。田中は絶対にみないだろうが・・・。

「今後のために勉強したくて・・・恐縮ですが、ご教示いただくと本当に助かります。」

相手からその知識を可能な限り仕事の邪魔にならないように会話の中から引き出すのだ。でないと一生、MSWとしての知識は増えないの!わかった???

良かったら読んどいて 私の怒りわかるから

熱がまだ下がらないんだけど(昨日は無理やり薬飲んで下げた)、本当に本当にムカついて怒りが治らなくていいきっかけだし、これを読んだMSWになろうとしている人の反面教師になるとよいと考えている。

そう、私のように怒るのも本来よろしくない。しっかし、風邪引くと極度に短気になる私であるのでそこは勘弁いただきたい。田中さんと私を反面教師として、今回の小さな事件、何がMSWとして、相談員としてダメだったかを考えてもいいのではないかと勝手に思っている。だから、以下に、私の怒りがわかりやすいことが書かれていそうなサイトのリンクを貼っておきます。

社会福祉士・ケアマネさん、試験にでてもおかしくないくらい常識的なこと、含まれてますから、ぜひ、高橋さんへのよりよい支援を考えていただきたいと思います。

www.jaswhs.or.jp

http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-12300000-Roukenkyoku/2gou_leaflet.pdf

あまり、ひとつの病院のサイトは載せたくないと思いましたが間違いなく私が怒ったポイントを捉えているので、こちらのサイト

www.kasuga-rehabili.com

勉強しろ!!!!!以上!

追伸:私の大切な化けの皮かえせっ!!!!!!!(これは比類稀ない八つ当たりです、あとフィクションです。)