40歳からのブログ SWの日常

ソーシャルワーカー備忘録。いわゆる雑記。

「なぜデキる男ともモテる女は飛行機に乗るのか?」を借りて読んだらハルさんにモテるアピール?って誤解されました

「なぜデキる男ともモテる女は飛行機に乗るのか?」という本を知人から借りて、そのまんま。精神的に病んでいた私は、ほったらかし。掃除していたらでてきたので机に出していました。そしたら、いきなり

ハルさん:「わたし、モテるアピール???うわ〜いた〜い」

親にいうセリフかね・・・と思いつつとりあえず、読んでみることにしました。

著者さんについて

パラダイス山元:1962年生まれ。なんだかよくわからないけど、デザイナーさんから音楽家になって・・・とよくわからないけど、いろんなことをしている方だということは理解できました。活動は多岐にわたっていると書かれているだけあって、本当に多岐にわたっていてサンタクロースとか餃子とかいろいろキーワードがいろいろと・・・・ただ、飛行機について詳しいというより、鉄道オタクとして名高いように感じました。

本の装手丁*1について

値段が、1,300円なので材質などどうこういうことではないと思いますが、デザインとか好きです。もともと白が好きだし、シンプルだし。それと帯も、誰それが勧める!といった自己啓発本と違って特に誰それ推薦というわざとらしさがなくていいなって思いました。でも「80」の理由とか「数字(をいれると部数が伸びると聞いたことがあります)」をいれることはしたのか・・・とそんな風に思いました。でも総じて好きです。

ささった言葉や文章について

ささったというかツッコミどころ満載というか、そういう意味で楽しい本でした。

オカマイラーという呼び方とか

例えば、しょっぱなから・・・

今、フツーのOLや、ごくごく一般的な主婦たちが、買い物や公共料金の支払いで、マイルをガンガン貯めまくっています。陸(おか)マイラーが著しく増加しています。本書ーP16より引用

私、ずっと「陸マイラー」をリクマイラーと呼ぶのかオカマイラーと呼ぶのか悩んでいたことがあるのですが、この本ではすでに「オカマイラー」と定義済みでした。そして陸マイラーからも絶賛されていることも記されています。笑ってしまいました。

間違っていると思ったリモアコロコロ=モテる女理論

あの(リモワ)をコロコロと転がしている凛とした女性・・・本書P51より引用

あのリモワを転がしている女性ではなく

凛とした女性がモテるって言いたいんだろうな~って思いました。私自身、すごい意味不明な理由でリモワを所有しています。

www.makuharu.com

この本を読んでモテたいから「リモワ」を買うという女性が増えたのかどうか気になります。一事例だと思いますが私、モテませんでした(年齢もあるんだけど・・・)。

私のほうが「それマジかよ!」と思ってしまったページ

外国人との出会いは機内でそのきっかけはアレ・・・・本書ーP82

というか、これ1単元のタイトルなんですけど、外国人と日本人女性の出会いについてですが、すっぴんで飛行機にのると女性は声をかけられるらしいのです。え?

www.makuharu.com

今でもちょっとだけ続いているフランス人とのやりとり・・・。そういうことか・・・。わたし的には非常に不愉快なことがかかれていました、本に。そんな理由で声をかけてきたのかいっ!ちょっとイラっとしました。

全体を読み終えた感想

この本って、著者の飛行機シリーズでは3番目の本らしいです。前2作を読んでみないとわからないのですが、飛行機修行をする人にはとてもよい本だと思いました。モチベーションがあがるといいますか・・・。

ただし、私、この本を読んでいたら、修行する気しなかったと思う

多分、納得するところがなかったからだと思います。本のことを悪く思っているのではなく、逆に飛行機乗りすぎたからか、私の飛行機論みたいなものが私の中に芽生えてしまっていて、「そーじゃない」「こーじゃない」という何かそんな気持ちが強くなってしまったのだと思います。

そう、読むなら修行*2前がよいと思います。

▼参考までに

www.makuharu.com

感想

なんだかよくわからないけど、面白かったです。

ただ、デキる男とモテる女飛行機に乗るのではないと思います。

デキる男になりたくて、モテる女になりたくて飛行機に乗るという発想は面白いけど、有言実行になるかただのネタになるか危うい問題だな~って思いました。現実は、デキる男・女やモテる男・女は飛行機でこんなことをしている的なそういう話になるんじゃないかな~なんて思いました。なぜ、こんな題名になったのかそっちが「なぜ?」と思ってしまいました。

ただ、総じて面白かったです。私、都合、30回以上今年飛行機乗りましたけど、モテなかったし、ある意味悲劇を生みだしましたよ、いろんな面で・・・。そんな風に思いました。

悪いことばかり・・・となってしまうので、ひとつ、これはカッコイイと思った箇所を最後に載せておきたいと思います

デートと飛行機というテーマがあるのですが、その中に

「どこか行きたいところはある?」本書ーP67引用

これ、私だったら(プラス若かったら)

「どこか行きたいはある?」

と先に国「カントリー=海外」って聞かれたら、カッコイイな~って思ってしまうと思います。好きでもない人に言われたらドン引きですが。私が男性で若かったら、好きな女性にはそういうな~。で、「イスタンブール(これは国ではないけど・・・)」とか言われたら、ソッコウ航空券おさえちゃうな~とか変な妄想をしました・・・。

それこそハルさんに「イタいおばさん」認定されてしまうので要注意だと思っています。でも、私はカッコイイと思うな。

以上。「なぜデキる男ともモテる女は飛行機に乗るのか?」を読んだ感想でした。

追伸:パラダイス山元ファンの方々気に触る文面申し訳ありません。

 

*1:書籍の表紙,カバー,外箱,タイトル・ページのデザイン,および材質の選択を含めて装本を製作すること。ーコトバンクより引用

*2:SFC修行=ANA上級会員のステータス欲しさに飛行機に一年間乗りまくること